10月、11月のLive予定

還暦Live

10/14(土)

磔 磔

17:30open 18:30start
Charge¥2,800

< 出 演 >

F-60
 Maki(vo)
 佐藤研二(b)
 大西英雄(dr)
 中野靖之(g)
 古田光郷(vo.g)

BOUND
 古田光郷(vo.g)
 ごんべ岸田(g)
 高木 親(t.sax)
 ネッシー木村(dr)
 森 扇背(b)


先日も告知しましたが、この日は、僕の還暦を皆で騒いで祝おうぜ!というSpecial Live !
東京から友人の佐藤研二(b)、大西英雄(dr)、のスーパーリズムと、相棒ヤス(g)を
京都に呼んで、Maki(vo)、私、古田の5人で、この日限りの、ご機嫌なSpecial sessionを
繰り広げます。

そして、迎え撃つBOUNDも、New album「Beat Machine」の収録曲を中心に燃えまする。
最後に出演者全員でドッカーン!と何か演奏出来たら最高やなー!と画策しております。
皆さん、是非ともご来場下さい!


10/15(日)

「古田&ヤス」

京都 西木屋町 bar USAGI

20:00start
Charge ¥1,800-
2stage

京都の老舗R&Rバンド「ノックダウンズ」のリーダー宮川くんが経営する、
京都のロッカーたちの呑み処 bar USAGI。
大きなLive houseの翌日は、バーでヤスと2人、小音量で。 
古田、Usagiは初出演。楽しみです。 新曲もやるよ。


11/2(木)

西荻窪 Clop Clop

Fulta special session

 古田光郷 (vo.g)
 橋本じゅん (g)
 片山広明 (t.sax)
 辰巳光英 (tp)
 中村 大 (b)
 湊 雅史 (dr)

20:00start Charge¥2,800-

橋本ジュン企画のこのセッション。前回歌ったのは2月だった。
あの日は大盛況にて、店内超狭しのカオス状態に。
ご覧の豪華メンバー、相手にとって不足なし。
どっからでもかかってこい!で臨みます。


11/3(金祝)

三鷹 Bayou Gate

古田&ヤス

古田光郷 (vo.g)
中野靖之 (g.vo)
< ゲスト >
吉岡優三 (per)

19:30start Charge¥2,000-

すっかり 「古田&ヤス」 の東京でのホームになりつつあるBayouGate、
店主、有ちゃんの多大な協力のお陰もあり、いつもイイ感じで演奏させてもらってます。

今回は、僕の東京時代からの弟分?吉岡優三(dr)がゲスト参加。
一緒に演奏するのは、東京を離れてから初めてなので、5年ぶりくらいになるなぁ。
彼のタイトで黒い繊細なリズムが、古田ヤスmusicにどう絡むのか、とても楽しみ。
これは絶対オモロイぞ。是非とも目撃しに来て下さい!


11/17(土)

Natural Art presents
「Welcome Happy Life(Live) !!」


京都 Parker House Roll


Chiemi Birthday Live

出 演
古田光郷 (Vo.Gt @BOUND)
高瀬 順 (Pf)
あらいなおこ (クロマティックハーモニカ)
山本 将弘 (Dr)
広沢 タダシ (Vo.Gt)
山本 彩加 (Vo)

18:00 open
19:00 start
charge ¥3,000-(予約) ¥3,500-(当)

プロの照明屋さんであり、独自の世界を繰り広げる絵描きである、松井智恵美女史が、
40才の記念にと、彼女の好きな歌唄いを集めた、自らプロデュースするSpecial Live!

ピアノの高瀬くんは、2000年前後に、「Fulta Band」で一緒に活動した仲。
当時、僕の部屋で2人、夜な夜な一緒に作曲をしたものです。
彼がいつ来てもすぐに作業に取り掛かれるようにと、彼のYAMAHAのシンセサイザー
DX-7が、僕の部屋に置きっ放しにしてあったのを想い出す。
こんな形でまた同じステージに立てるとは、まるで予想もしていなかったので、
松井女史には本当に感謝!当時の曲も歌えたらいいなと思っています。
みなさん、是非ご来場下さい。


現在決定している10、11月のLive予定は、以上です。

それでは皆さん、よろしくー!


※ 各店名をクリックすると、そのままHPに行けます。

通販開始

お待たせしました。

BOUND New Album 「 Beat Machine 」のネット通販が、

ムジーク・ロックさんの協力により開始されました。

即Check! 是非ご利用下さい!  


ムジーク・ロック 「Beat Machine」のページは  →  こ こ


Beat Machine

< 収録曲 >

1 光の向こう
2 月とおばあちゃん
3 Beat Machine
4 星空と子猫ちゃん
5 Travelin' Band
6 Come on Now
7 バッグとメガネ
8 練馬のドラマー
9 夜明けのバルコニー
10 お祭りだから
11 カプセル
12 Country Girl

珠玉の全12曲を収録。


みなさん、よろしくー!!

秋到来

随分と陽が短くなってきた。

秋は、昔から大好きな季節だ。

内面的に敏感になるから、きっと色んなことに対して、

感度が高くなるんだろうな。 

音楽はもちろんのこと、芸術全般、読書、そして食欲ときたもんだ。

あぁ、恋愛感情も、秋に切なさを増すのかも知れんな。

つまり秋は、地味ながらも楽しい季節なんだ。


猫のお凜が粗相ばかりで世話が焼ける。

どこまで自覚しているのか判らないものだから怒りようがない。

そもそもペットに対して怒るというのはどうなんだろう。

ストレスを与えるだけではあるまいか?

それで何が改善されるのだろう?


そんなこんなで、色々考えさせられます。

重い日、強い願い。

カラダが重い。そして何故か気も重い。

カラダが重いのは、もしかして夏バテか? だとしたら、なんか人並みだな。

そして、気が重いのは、きっと錯覚だ。 そうに違いない。

だって俺は、心身ともに不死身の男なんだから。



今日の願い。

安倍さん、この国は、あなた個人の所有物ではないでしょ?

勝手に、対北朝鮮戦争の参加を決めないで下さい。

むしろ、あなたは、国民を守るべく、戦争から遠ざける努力をする立場なんじゃないですか?

核爆弾の恐ろしさ、痛みを、唯一、身を持って発言出来る国の長。

どの国よりも平和的な解決方法を模索、提案、実行するべきではないかと

僕だけではなく、多くの人たちが思い、心から望んでいます。

そして、その強い想いは、永遠に変わることはないのです。


今こそ、世界に平和を。



Bob
少年時代のBob Marley 

9月

9月になった途端、京都は涼しくなった。

今月、古田のLiveはないのだが、10月以降のLiveの準備や、複数の創作中曲の

仕上げにかからねばならない。

中には、ここ数ヶ月、頭ん中でメロディーが流れっ放しの曲もある。

そのメロディーだけを鼻歌で歌っても「ウン、やはりこれはイイ。」と手前味噌な手応えを感じていて、

既にギターのコードも付けてあり、Keyも確認済み、あとは歌詞を待つばかり。

しかし、曲だけがどんどん成長してしまい、歌詞が乗り遅れて、ちと慎重になり過ぎている。

出来ることなら、僕はやはり、急がず慌てず、おおらかな歌詞が書きたい。(曲にもよるけどね)

とにかく、今月は、目前の課題に取り組むのみだ。


そして、BOUNDのNew album「Beat Machine」のネット通販がいよいよ始動間近、

来週には皆さんに案内出来るかと思います。


それではー!

プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード