来週からです!

さて、いよいよ迫ってきました!来週です。


古田&ヤス 京都3連発!

3/31(金) 
先斗町 Stardust club 

20:00start
Charge¥1,500-


来てね!
     Stardust clubのTwitterより借用しました。


4/1(土) 
五条烏丸 Parker house roll

with Maki (vo) <ゲスト> 山本将弘(dr)
18:30open 19:30start
Charge¥2,000-



4/2(日) 
北山 B7
with ライトニン栗田&Friends
<ゲスト> 植田國治 (per)
18:30open 19:30start
Charge¥1,500-


※ 店名をクリックすると、それぞれ、お店のHPに飛びます。


それではみなさん、どうぞよろしくー!

BOUNDリハ ~ WBC

BOUND 新曲リハ終了。

午後3時から夜の11時まで狭いスタジオで爆音出して、

55才overのおじさん5人、ああだこうだと試したり録音したり、よく頑張りました。 

いつもお世話になり、良くして頂いている、スタジオのオーナー氏曰く、

「スゴイ集中力ですねぇ、ほんま関心しますわー。。」とのこと。

BOUNDは現在、京都 ~ 東京 の遠距離バンドなんで、

全員揃う時間は本当貴重だし、集合合体すると盛り上がるんです。

燃えるという点では、逢いたくてもすぐ逢えない遠距離恋愛みたいなもんです。

ま、俺たちの場合は大人なんでCooolですけど。


それにしても、ごんべさんはスゴイ!何がスゴイかって、

僕は終始、椅子に座って演奏、歌ってたけれど、

ごんべさんは、スタジオにいる間、ずっと立ってレスポールを弾いていた。

某新曲のエンディングでは、長いソロをカマし、最後はマーシャルアンプに

ギターを近付けてフィードバックまでキューーーン!って鳴らして笑ってたもんなぁ。

僕より6才、年長でっせ!

そして、そのあと、メンバーを自宅までクルマで送ってくれた。

ほんま、尊敬と感謝、頭が下がります。ありがとうございました。


新曲、イイ感じで出来上がりそうです。

とりあえずは、4/15(土)の磔磔で1曲披露しますぜぃ!

お楽しみにー!



WBC侍Japan、準決勝敗退、残念でした。

この試合は観れなかったけど、1~2次ラウンドの試合は大体観戦。

ハイレベルなプレイと、独特の張り詰めた緊張感が伝わってきて、とても楽しめたし、

良いものを観れました。


侍Japanの選手の皆さん、BOUNDのメンバーの皆さん、お疲れさまでしたー。

R.I.P Chuck Berry

Chuck Berry の訃報が飛び込んできた。90才だったらしい。

彼のことを話し出すとキリがないくらい、あまりにも偉大な音楽家だった。

僕も20才の頃から、数曲カバーしてLiveでも歌っていた。

歌詞が多くて、早口で、最初カバーしたときは難儀したものだ。


彼の音楽スタイルがなかったら、今日の世界中のRock musicは違っていた。

そして、若かりしChuckの前方には、彼が憧れ、敬愛してやまなかった

Muddy Waters や T-Bone Walker がいた。

そうなんだ、 Blues  ~ Rockn'Roll ~そして Rock へという道標 。


最近、僕は、丁度Chuck Berry スタイルのR&Rを作っていた。

今までやっていそうで、なかったタイプの曲だ。

明日のBOUNDの新曲リハに、その曲を持ち込む予定だ。

未完成の歌詞を昨日から考えていてのChuckの訃報、、偶然だ。

その歌詞の内容はチープで、どっちかっていうとふざけている。

Chuckの歌詞もテーンネイジャー向けの軽いものがほとんどだった。


R&Rの原点、演奏がご機嫌で楽しく踊れること、そして、ステージでは魅せること、

それを世界中に広げたのがChuck Berryだった。


若い頃は素行が悪く、お金と女が大好きだったR&Rの神様、Chuck Berry、


どうかやすらかに。

Mr.R&R


自宅作業日

今日は1日、作曲の日だった。

作曲と言っても、ほぼ完成している曲に、書いておいた歌詞を乗せて

ギターを弾きながら、その気モードで歌ってみるという作業。


意味として一番合う言葉でも、リズム、曲に乗せるとしっくり来ない、

なんてことがあるので、実際に、そこそこ大きな声で歌ってみるのだ。


夜の8時頃になって気分転換をしたくなったので、

「Cafe'すずなり」までブラ~ッと歩いてコーヒーを飲みに行った。

店主のまりちゃんは東京時代「のら犬カフェ」からの仲だが、

最近は、スタッフのワンダくんと音楽の話をして帰ることが多い。

彼は、僕の知らないようなマニアックなことをよく知っていて、話すと面白い。


帰宅後、作業を再開、最後に、最新曲のメロディーを、忘れないように録音しておこうと

レコーダーに向かい歌っていたら、曲の最中でかみさんが帰宅した。

途中で止めて、また最初から録音し直すのも面倒だったので、僕はそのまま歌い続けた。

あとでそのテイクをプレイバックしたら、かみさんが鼻をかむ音までちゃんと入っていた。


この曲、

ちょっとロマンチックな曲なんやけどなぁ。

ある日常

夕方、帰宅すると、かみさんの同僚Nちゃん(パン1斤の人!)が遊びに来ていて、

一緒に料理、この日はパンを焼いていた。

オーブンの中から漏れ出す、焼けてくる匂いが好きだ。 期待で胸が膨らむ。


焼きたて

そして、焼きたてのパンは実に美味しい。いくつでも食べれてしまう。




抜け殻

ところでこれは何だ?

見たところ、上着であるが、どうやって脱いだんだ?

何故、このままにしてあるんだ?


今、この写真の題名を思い付いた。


「 冬の抜け殻 」。



PS.Mr.James Cotton やすらかに。 
プロフィール

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード