FC2ブログ

BOUND レコーディング

京都市某レコ・スタジオにて、BOUND 次作アルバムレコーディング。

午後から始まり21時過ぎまで。

あっという間に時間は過ぎ、こんなん短いくらいです。

メンバー5人と、スタジオオーナー兼ミキサーの谷川さん、

どうもお疲れ様でしたー。


個人的には、事前の綿密な準備等、周到にしてくれた高木理事長に感謝、

心から労いたいです。 本当、ご苦労様でした。お陰で非常に捗りました。


まだまだ続くレコ作業、音楽は、妥協したらそこまでです。

僕はいつでも超最高のものを作りたいし、みんなに届けたい。

そのためには、寿命を削ったっていいくらい。

緩~く、適当に生き続けたいなんて思わない。

渾身の歌とサウンドを遺したいものな。

集中集中!もっと熱く魂を放り込むぞぅ。


みなさん、BOUNDの次回作をどうかお楽しみに!

そして、メンバー、谷川さん、お疲れ様でしたー!

今夜はよく降るなぁ。

ポタポタ、バシャバシャ、派手な音がしている。


雨降りの日も、心に希望と太陽を。。

だよな。


本当はいけないこと、交通違反なのだろうけど、

傘を差して自転車に乗ることがある。

そんなとき、いつも思う、

「傘、邪魔やなぁ。。ずぶ濡れで帰りたいなぁ。」って。

でも、あとで拭いたり、乾かしたりするのが面倒なのでそのまま走る。


雨に打たれること自体は、むしろ好きなんだ。

おかしいのかな?僕は。


そんなことより、

久しぶりの 高円寺 Jirokichi でのLiveが決定しました!

11/15 (金) 「 Fulta & Friends 」

< メンバー >

古田光郷 (vo.g)
中野靖之 (g)
大西 真 (b)
大西英雄 (dr)

この日は、大西リズムス!これは超絶強力だぞ!
5ヶ月も先のLiveだけど、今から楽しみでならないよ!

関東圏のみなさん、チェックよろしくー!

※詳細は後日で。


貸しスタジオにて

最近、週に一度くらい、近所のスタジオに独りで入る。

練習というよりも、外界を遮断し、100%音楽に集中したいからだ。

セッティングを済ませ、課題曲(新曲)を歌う、、といきたいところだが、

最初の20分くらいは、ひたすら大音量でギターを弾き倒す。

とにかくがむしゃらに弾き倒すのだ。


そして、やっと書いてきた曲を見ながら歌い出す。

宅で考えてきた気の利いた歌詞でも、Grooveをトロくする言葉は替える。

終わると歌詞カードがマジック・ペンでグシャグシャになる。

自分で書いたくせに、帰宅後、読解するのに相当苦労したり。笑


毎回、最後の30~40分くらいになると、何も決めずにダラダラと

ギターを弾きながら、その場で即興の作曲に興じている。

すると、自然に曲がどんどん出て来る。

いい感じやん?このままいこう。ああ、これすぐ完成しそう。。とか。


だが、以前は、それらの自然発生曲を客観視し過ぎた。

「これは、○○風で、よくあるパターンやなぁ。。」とか、

「これは、いくらなんでも古臭過ぎるやろぅ?ははは。」とか、

「これは、聴いてる人が喜びそうだなぁ。。」など。。


でも、もう、そんな横から聞こえる自分の声を聴くのはやめた。

それは邪念であり、小さなズルさだと、今は思うから。

そんなもの、今の自分にとって、邪魔な思考以外の何ものでもないとさえ思う。

僕は、クライアントから依頼を受けている作曲家じゃないんだし。


そして、自分のジャンル分けもしたくない。あんまり意味がないから。

それは聴いた人が好きにすれば良いこと。

そんなことよりも、比べものにならないくらい大切なことは、

息衝いている古田が、その曲の中に本当にいるかどうかなのだ。


自分の歌を歌う人、

僕は、Singer Song Writer .


駄作ばかり生み続けようが、いっぱい作るよ、曲を。

6月

今日から6月ですやん。

古田はん、今月Liveがないですやん。

どないしますのん?

練習しますのん?

古: まぁ、しますけど。。

作曲しますのん?

古: それもしますけど。。

ギター弾きますのん?

古: もちろん、触らない日はないですけど。。


で、どうしますのん?

あっ、この6月から、遂にBOUNDの、次回アルバムのレコーディングが

始まりますやん! そらぁ、気合入りますや~ん!!

古: はい、既に入りまくってますけど。。


古: 正直、今から、名盤の予感しかないんです。

次回の都内Live!

丁度2ヶ月後になりました!

次回、東京都内でのLiveの告知です。


☆ Fulta & Friends ☆

7/26(金) 三鷹 BayouGate

< メンバー >

古田光郷(vo.g)
中野靖之(g)
吉岡優三(dr)
吉田靖雄(b.from Monster大陸)

※ 詳細後日

ヤス古田優三
ヤス、古田、優三

Yasuo
吉田靖雄

この2年くらい、ヤス、そして優三と3人で、BayouGate を本拠地として

着実にLiveを続け、確かな手応えを感じて来ましたが、

今回、遂にBassに吉田靖雄が参加することになりました。


ご存知の方も多いと思いますが、靖雄と僕とは旧知のバンド仲間。

京都に移住する前は、なまず兄弟他、たくさんのバンドやセッションを

経て、数多くのLiveを共にしてきました。

腰のある太い音!回り揺れるGroove!Speed感!どれをとっても

同世代の中ではNo,1だと僕は思うぞ!


ドラムの優三が、Monster大陸を脱退して以来の2人の合奏、

これも楽しみでなりません。


真夏の揺れる夜、皆さん、是非、BayouGateに御来場下さい!!

プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード