嬉しいけど、、

発売中ののギター・マガジン、ジャマイカの音楽を作ってきたギタリスト、偉人たちの

特集だったので、早速買って来た。


マニアック~!

未だ全部読んだ訳ではないが、今だかつてここまで、アーネスト・ラングリンや

アール・チナ・スミスのことを、こと細かく掲載した音楽冊子があったであろうか?

と言いたくなる位、中身はマニア向けで、特集に相当なページ数が割いてあるぞ。

所有ギター全部や、保管してある部屋の写真まで載っている。


これはもう、熱心な編集者の努力の賜物としかいいようがないのだが、

ギター・マガジンといえば、ある意味、ミュージシャンの中ではメジャーな冊子である。

おそらく、若いバンドマンの購買数も相当多いに違いない。

僕のような少数派は、大層喜んでいるだろうが、人ごとながら購買部数が心配だ。


今夜は寝ながら、むさぼり読むぞ。


おまけ。


Solo@すずなり
昨夜の古田Solo Live の様子。   すずなりのTwitterより借用。
店の外から撮影したもの。
昨夜は珍しく帽子を被ってみた。


次回、古田Solo Liveは、次の日曜日、8/27

大阪 塚本Howlin'bar

start 19:00~ Charge¥2,000-

よろしくです。






Live 終了

Cafe'すずなりでのLive終了。

楽しい土曜の夜だった。 みんなに心から感謝です。


帰宅後、ギターに付いた汗を拭きながら、

「弾き語り、以前よりは良くはなったが、まだまだだ。もっと練習せねば。」と、

自分に再度カツを入れる古田。

己の下手さに凹んでいるとかではなく、

「あれをもう少しスムーズに出来てたら、もっと雰囲気を伝えられたはず。」ってとこです。


演奏中、気持ちが高揚し、歌は熱くなるばかり、でも、ギターは最後までCoolに、とかね。



おっと、音楽に集中した夜のみに訪れる、独特の疲れが今頃やってきた。

寝ます。おやすみ、お疲れ様でした。

つい

見入ってしまう、深夜枠で放映中の世界陸上選手権@ロンドン。

極限で戦うアスリートたちの姿は美しい。


お陰で翌朝の太陽が、寝不足気味の僕には眩しいのです。

音の深さ

来週末のSolo Liveに向けて、色々考えているとこなんだが、

今日の夜はずっとフルアコ(胴体の大きなエレキ・ギター)を触っていた。

コントロール・ノブのバランス、アンプのつまみのバランス、

そして、指で爪弾くのと、ピックで弾くのとでも、音色が全く違う。


あらかじめ、目指しているトーン (空間での) がイメージにあるのと、

それがなく、自分の感覚のみを指針に、手探りで音色を探すやり方、

どちらもギターを本気で好きなら、とことん追求する上で、やり甲斐はあるけれど、

後者のやり方は、迷路の中の宝探しみたいなもんだと思う。


沢山の現場(空間、Live、Studio)に出て、大きな音や小音量で鳴らして、

またそれを何年も続けて、続けて、悩んで、続けて、続けて、、

イイ音出しているギタリストがいたら、時々、さり気無くその方法を盗んだり、

なりふり構わず追いかけて、それでやっと自分の音が決まってくるんだろうなと思う。


僕は歌唄いだから、声を聴いたら「あっ、古田だ。」でいいのだが、

ギターの音だけで「あ、これは○○だ。」と言われるようになるのって、

なかなか大変だなと思うが、僕の周りで頑張っているギタリストのみんなには、

是非、それを目指して頑張って欲しいもんです。


僕は、とりあえず、リズム・カッティングで「あ、これは古田のリズムだ。」と

言われるように頑張り続けます ♪♪



そんなわけで、来週末のSolo Liveのフライヤー。

Fulta Solo@Suzunari

せっかくなんで、出来立てホヤホヤの曲を歌う。を目標としております。


じゃあね。

あぁ、

夏が猛スピードで走り過ぎてゆく。

プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード