自転車に乗って~

昨日は天気が良かったので、午前中から自転車に乗って出かけた。

今回は、小平ふるさと村 というところまで。

小金井公園の 江戸東京たてもの園 よりは、小規模だが、素朴で良い。

江戸末期~明治にかけての建物・民家が集めてある。

一歩足を踏み入れると「ここって、何時代?」と錯覚するような空間が広がる。。
案山子と茅葺き家

水車小屋

茅葺き家の中で、水車小屋を見ながら食べた名物「糧(かて)うどん」
冷たい麺を、熱いおつゆに付けていただく。
腰があり、美味しい! 20分待った甲斐がありました。
糧うどん

明治時代後期~昭和初期まで実際に使われていた郵便局
屋根が赤く、鬼板の部分が マークになっているぞ。見たことね。
郵便局

中はこんな感じ。。古いわ!
書留でっか?

ふるさと村の目の前にある繁盛している讃岐うどん屋。
ヤバイ!足が勝手に店内へ~。。
讃岐うどん屋

というわけで、歩き疲れ、自転車漕ぎ疲れによる空腹を理由に、
今日は、うどんを二杯食べて帰ったのでした~。  満足!

もう一人の靖雄 ( 船橋の夜 )

昨夜は、船橋「無国籍料理 月 」での、なまず兄弟Live。

来てくれた人たち、どうもありがとうございました。 感謝します。

共演の、Hit That Jive を観に来たお客さんは、「月」初来店だったのでは?

どんな機会であれ、「月」のような店の存在を知ってもらえるのは、

私個人的には嬉しい限り。 やっぱり、店に入って、空気を感じて欲しいもんね。

さて、 Hit That Jive ( 以下 HTJ )、期待を裏切らない演奏、音楽♪力の抜け方。。

強いインパクトこそないが、聴いていて、私は、とても嬉しくなってしまった。

結成5周年、この日のLiveが、6年目一発目Live!ということだったらしいが、

同じメンバーで、数年やってきたからこそ出る安定感、空気感、信頼感、

バンド志向の私は、彼らのやってきたことを素直に肯定したい。


この夜のクライマックスは、なまず兄弟の最後2曲に、HTJのメンバーが合体!

「真夜中のギター」「Keep on walkin'」で大団円 ♪♪

大地のイナたいソロなど、書き出すとキリがないが、コーラスで立っていた靖雄に

マイクを渡すと、ステージ中央に出てきて「歩き続けろ~!歩き続けろ~!」と熱唱!!

普段タイトなBassを弾いているときとは真逆で、安いチンピラ風、アジルような歌い方。

夜毎酒を呑み、喧嘩に明け暮れていたという噂もある、若かりし頃の 吉田靖雄 。。

それにしても、このヴォーカル・スタイルは、私にとって新鮮な驚きだ!

私は、この夜、船橋で、もう一人の靖雄を垣間見たのでありました。

ヤスオ2008.
photo by Yosie Sirane

終演後も、お客さんが多く残り、いい感じで店内の空気が温まっていたのだが、

この日の私は、電車で来たものだから、ゆっくり皆さんと懇談も出来ず、

大急ぎで片付け、名残惜しい気持ちを抑え、一路、JR船橋駅へ!

出演者の皆さん、店の方々、お疲れ様でした~!!

そして、CDを購入していただいたお客さん、どうもありがとうございました~!

ガッカリは罪

最近のTV.Newsといえば、政治献金問題とか、基地移転問題とか、

とにかく政治関係のことが多い。それもネガティブな話題ばかりだ。

国民の、多大な期待を背負い、遂に政権交代を成し得た民主党。。

しかし、蓋を開けてみると、なんら自民党と遜色なし。

選挙のときは土下座して、当選さえしてしまえば、国民不在政治の始まりだ。

本当に相手をなめてるヤツって、そのことに気付いてさえいないんだよな。

期待を込めて投票場へ行った人たちの多くは、さぞ落胆、憤慨していることだろう。

このままでは、国民の政治不信は募るばかりだ。。

人に期待させといて、ガッカリさせるって、大きな罪だよね。


身近なところでは、自分の話。。

今まで、どれだけ多くの人たちをガッカリさせたかと思うと、正直辛くなる。

、、なんて考えたところで、過去は戻らないし、もうやり直しもきかない。

この先、自分に出来ることを頑張るしかないんよね。

 
今夜は、船橋にてLive。 今の私の全ては、Liveにある。

Liveもやり直しはきかない。

Soul power!!

何故か、ここでJ.B !
アポロ・シアターでのLive、 最高♪


ありがとう!

昨夜は、なまず兄弟、久しぶりの、横浜反町NO BORDERでのLive!

怪しげな看板

来てくれたお客さん、マスター・ボーマス、どうもありがとうございました。

皆さんのお陰で、いい感じで、楽しく演奏することが出来ました。

そして、なまず兄弟のCDを買ってくれた人たちにも感謝!ゆっくり聴いて下さい♪

次回、NO BORDERでのLiveは未定ですが、5月以降にと画策中。


そして、今週も なまずLiveがありまっせ~!

1/27(水)

なまず兄弟

船橋 無国籍料理”月”

open 19:00~
start 20:00~
Charge ¥2,000-

< 共 演 >
Hit that Jive
 井上大地 (v&g)
 吉田靖雄 (b)
  平澤篤人 (dr)

★ 出順は、なまず兄弟が後。

共演のHit That Jive 井上大地くんとは、かれこれ7~8年の仲。

知り合った頃、彼は未だ、20才過ぎの青年だった。

その頃、私は、高円寺の楽やで働いており、やっと酒が呑めるようになった大地に

酒 (いいちこロック) を出しつつ、閉店時間(朝やがな)まで、最後の客となった彼と、

二人でBluesを聴きながら、音楽や女の話などを、延々としたものだ。

その後、彼はめきめきと腕を上げ、Jirokichiを中心にLive活動をすることに。

超が付くほどの、Blues馬鹿な大地だが、自作曲を創り、CDもリリース♪

自らのパーマネント・バンド『Hit That Jive』を引っ張り続け、タフにLive活動を続けている。

なわけで、1/27は、私も個人的に、彼らの音楽を非常に楽しみにしてる。


※ 「なまず兄弟web site」 の巻頭ページに、
  1/23 反町 NO BORDER での Live photo を数枚 UP!

※ なまず兄弟 MySpace に 3~4月の Live予定を追加!

週末は横浜で♪

昨日は、久しぶりに暖かな一日だった。。

午後、自転車に乗って、ブラ~リ、近所の八百屋まで買い物に。

天気も良くて気分が良い。 うちの近辺は、緑が多くて、空気が美味い。。


今週末は、久しぶりに、横浜方面でLiveだ!

1/23(土)

なまず兄弟

古田光郷(vo&g)
 中野靖之(g)
 田口英穂(b)
 小野秀夫(ds)

横浜 反町 No Border

open 19:00~
start 20:00~
Charge ¥1,500-
2ステージ

No Border は、手作り感の溢れる、独特の雰囲気の店♪

前後半、たっぷり、ゆっくりやるので、皆さん、どうぞ、楽しみに来て下さい。


※ なまず兄弟 MySpace に、
  1/23以降、4月ツアー最終日まで、
  現在決定しているLive予定、全てがUPされました。
  
  なまず兄弟MySpaceは → こちら 


本日の1枚。 またVan Morissonかよ~ だ。
A Period of Transition
『A Period of Transition / Van Morisson '77』

19歳のとき、初めて買った、Blue eyed soul singer のLPレコード。
当時、初購読した 「Music Magazine」 の表紙になっており、
音楽評論家?の先生たちが、絶賛していたので、それを信じて買った。
同誌の文中から、私が勝手に想像していた声と、実際聴いたVanの声には、
大きな隔たりがあり、戸惑った記憶あり。。
けど、その後、30と余年、思い出したように引っ張り出しては聴く1枚♪
Dr.Johnとの共同プロデュース。
明るく、Vanにとって、力強い時代に突入したアルバム。
でもアルバムタイトルはなぜか 「過渡期」。。 どやねん!

Blue eyed soul
    ↓
  白人アーティストによる~ソウル/R&Bの影響の色濃い音楽をさす。
  (黒人には青い目が居ないため)
   主にアメリカで活動していたR&B色濃いアーティストに使われやすく
   (元々アメリカで生まれた言い方)、
   英国のものは ブリティッシュR&B とか言われる事が多いらしい。
   ん?。。ってことは、Van Morissonは後者か?。。 どやねん!

荻窪三昧

昨夜は、Rooster Northsideで、店長、寺部くんの送別Liveなるものが催された。

主謀はJunで、全部で4バンドが出演。 

いつもより早い開始時間にもかかわらず、客席は、既に満席状態。

私は、当初、顔を出すだけのつもりでいたのだが、当日になり、急遽、出演が決定♪

Jun(g)、湊(dr)、渡辺隆雄さん(Tp)そして寺部くん(b)のセットの途中からステージへ。

片山広明さん(ts)も、私と同時にステージへ上がり、巨体まんまの音でブリブリ~ッ!とブロー♪

メンバーそれぞれの音が、生き生きしており、とても気分の良い演奏だった。

寺部くん、お疲れ様! いろいろありがとうございました! 

日本は狭い、また、会いましょう。


しばらくして、南口にある、Rooster本店に移動。

今夜は、秀夫さん、田口くんが在籍する「ゼブラブラザース」のLiveだ。

ゼブラを聴くのは数年ぶりだが、相変わらずの Sweet Funkっぷりだ♪

GuGU★Vibration を一緒にやっていた小松原貴士(g)と会うのは数年ぶり。

何でも、3人目の子供が出来たそうな。おめでとう!とうちゃん、偉いぞ!

ギターのチャーリーの MC は、ホンマ、いちいちオモロイ。

そのうち、顔見てるだけで笑えてくるようになる。これぞ、ツボにはまるってやつやな。

そこに、天然の貴乃慎(Vo)が、最悪のタイミングで突っ込みを入れる。

もうあかん!こいつら、偶然の笑いを、わざと生み出せるのか??とか思ってしまう。

そんなこんなで、すつかりお客さんモードで楽しんでいると、

ここでも私は、ステージに呼び出され、一曲歌うことに♪♪

ゼブラブラザースの皆さん、Bobさん(ts)、そしてギターの北川涼さん、

お疲れ様、そして、ありがとうございました~!


※ この日のLiveの模様は「なまず兄弟裏番帳」にて御覧あれ ♪

  裏番帳は → こちら  

ディジュリドゥ

以前、ディジュリドゥ奏者、荒井”ABO”誠さん宅にお邪魔したとき、

デジュ部屋

「古田、続けるなら持って帰れ。」と本人手製(竹製)のデイジュリドゥをいただいた。

私は、喜び勇んで持ち帰ったものの、今では、部屋の隅で置物のようになってしまっている。

それでも、時々引っ張り出して吹くと、アーシーで深い音の世界に入り込んでしまう。

とは言うものの、素人の私が奏しても、最初の音は、音楽とは程遠いものだ。

15~20分くらい吹いていると 「 ビ~ヨ~~ン~ 」 という芯のある音が出だす。

問題は、ロングトーンを出し続ける、循環呼吸やな。 私は未だに出来ない。

あ、そうや、今度、Tpの辰巳に会ったら教えてもらおう。


寒波来襲。

いや~、、寒いの~。。

空気も寒いが、世の中、身の周りも、何だか寒いぞ。

こんなときこそ、皆で Hot! にいかんとあかんの~!

今日は朝からこれだ!

バンドの見本!

初期のBeatlesが、一流のライブバンドだった事実を伝えてくれる好盤。

小気味よく、潔いバンドサウンド。 R&R、R&Bへの愛に溢れています。。

それにしても Johnのシャウトには痺れるな~ ♪♪ M o n e y !

初雪とH2

昨日は、午前中、雨がみぞれに変わり、少し雪が降った。。 初雪やね。

夜は、学芸大にあるLive houseにH2(須川光vo.pf・江口弘史bによるDuo)を聴きに。

Jazz のインストナンバー、世界観の大きな光のオリジナル(歌)。

やはり、光は光以外の何者でもないな。

そして、私の中では、Soul Blues bassist のイメージが強かった江口くんだったけど、

い~え、い~え、何でもござれ!6 弦楽勝の江口くんでありました~!

ゲストヴォーカリストには不働裕子さんが出演。Jazz スタンダードナンバーを中心に熱唱。

日本の女性Jazz singerにありがちな、どうも鼻につく作為的な癖

(これ、あくまでも個人的見解です) がなくて、好感が持てました。

そして、最後から2曲目で、光にステージに呼ばれ、私もマイク片手に一曲熱唱 ♪

with Mr.Eguchi

自分の声ばかりが大きく聴こえて「これでいいのかな?」と最初こそ思ったが、

Soulを込め過ぎたのか、気が付いたら、曲は終わっていた。。

光、江口くん、どうもありがとう!そして、お疲れ様でした。


光と一緒に音を出したのは、2004年の夏、鎌倉、由比ガ浜以来。
月日の経つのは早い 。。
由比ガ浜の海の家
私、何かガラ悪い。

お互い、まだまだ頑張りましょう! Keep on walki'n.


※ なまず兄弟Website Scheduleのページ に、3月までの予定をUP しました。





江戸東京たてもの園

昨日も天気が良かったので、小金井公園内にある

江戸東京たてもの園 に行って来た。

入り口

園内には、江戸時代から昭和初期までの復元建造物が27棟も建ち並んでいるらしい。

派手さはないが、とにかく、公園自体が広いこともあり、気持ちがいいのだ。

そして、園内には、様々な、昔ながらの日本の遊びを体験できる施設があり、

現代の子供たちも、それらを楽しみながら体験出来るという、貴重な空間だ。

そんなわけで、私も一部参加してきた。。

まずは竹馬
竹馬と50男
子供の頃みたいにうまく乗れん。
係りのおじさんに 「脇が甘いね」 と言われた。

続いて百人一首
手も足も出ず。。
見ず知らずの人に招き入れられたまでは良かったが、
隣(右)の小学生が、下の句を覚えており、どんどん取っていく。
時折 「どんなもんだ~い!」 という目で私を見る。 このガキャー!


たまには、お日さまの下、伸び伸び過ごすのもいいものです。。


初Live終了!

昨夜Rooster Northsideに来てくれた皆さん、どうもありがとす!

ほぼ満席状態の客席、 新年を飾るべく熱い演奏 ♪♪

が、しかし、残念ながら、客席に、なまずマニアは少数だった。。

帰りのクルマの中で、私は肝に銘じた。

今年は、もっと、より良いLive (音楽) をやろう!

そして、もっと魂を注入して、良い曲を増やそう!

どこにもない、One & Only なバンドになれば、客は増える。きっと聴きに来る。

そんなこんなで、「なまず兄弟」2010! Liveの幕が昨夜開いた。


僕らが演奏している間、客席の後ろに立ち、

踊りながら、声援を送ってくれた She-her-her-hats の面々。

心からありがとう!そして、お疲れ様でした。

そして、昨夜、なまず兄弟の CD を買ってくれた方々、

ありがとうございます! 何度も聴いて下さい ♪


最近、時々話題に上がる アルコール度数 0.00% のノンアルコールビール、

ノンアルコールビールと

Live 終了後に飲んだのだが、1~3口くらいまでは、ほとんどBeer。

「ホ~!!なるほど~!!」 と感心ししきり ♪

が、それ以降は、旨いわけでもなく、もちろん酔うわけでもなく、

結局、最後まで飲み続けるのが辛くなってしまい、少し残してしまった。。

次回は、グラスに全部注いで、一気にいくか? それなら「旨い!」で終わる。


※ 「なまず兄弟web site」 の巻頭ページに、
  1/9 荻窪 Rooster Northside での Live photo を数枚 UP しました。



本日は快晴なり!

今夜は、私の、今年最初のLive!

なまず兄弟 at 荻窪 Rooster North side、

時間のある人、是非どうぞ!


最近、この人聴くと陽気になります ♪

ヤバイ!

アラン・トゥーサンとのコンビで、多くのご機嫌なヒット曲を世に出したLee Dorsey 。

スカスカ N.O Funk の極致ここにあり。

数あるベスト盤の中で、唯一イカツイCDジャケ!

Ride Your Pony !

では、行ってきま~す!

Bob Dylan 1983

今夜は、久しぶりにこれを聴こう。

不信心者
『 Bob Dylan / Infidels 』('83)


プロデュースはディラン本人とマーク・ノップラー。

私が京都市在住、Bound当時、メンバーのゴンベさん(g)に教えてもらい買った1枚。

マーク、ミック・テイラーの素晴らしいギターもさることながら、

やはり、レゲ好きの私には、スライ&ロビーの起用に、驚きながらも喜んだものだ♪

ぶっといリズムが支える、広く、やや冷たい空間には、最小限の音しか入っていない。。

そして、それが、余計にディランの人間臭い歌を際立たせており、随所でグッ!とくる ♪

曲も全部イイ!(結構Popなのもある)。 実際の収録時間よりも短く感じるアルバム。

以前(数年前)「ギター・マガジン」でDylanの特集を掲載していたとき、このアルバムを、

「最もエレキギター指数の高いアルバム」と評していた。

が、ここ数年の方が、ギターの音も歪み、R&R band のようだ。。

「Infidels」発売当時、熱心なディラン信者の中で、賛否両論に分かれたらしいけど、

そんなこた~、私には、どうでも良いこと。っつ~か、賛否とかくだらん。

ディランは、自分がやりたいことをやっているだけだと思う。

(長年聴いてきたアーティストに、この人には、こうであって欲しいと思うのは、

気持ちは解らなくもないが、やはりそれは、自分勝手な思い込みだ。

アーティストが成熟・変化してゆく人間らしい様を楽しむべきだ。

本当に好きなら「今回は裏切られたな~!」と思うのも、楽しみ方の一つだと思う。)

そう言う私であるが、ディランのアルバム全てを、聴いたわけではない。。ドヤネン!

因みに、ここ数年のディランのアルバムには、Bluesや R&R に対する愛着が顕著に表れており、

バンドのざらついた音も私好みで、コッソ~リ ♪ 愛聴しています。。

1st CD 通販開始!

なまず兄弟、1st CD、「赤い箱」 「青い箱」、

Blue side

今までは、主に、Live会場のみでの販売でしたが、このたび、

ムジーク・ロック Yahoo!ショッピング からの購入が可能となりました ♪♪

遠方の皆さん、そして、中々Liveに足を運べない方々、是非ご利用下さい。


そして2010年

謹 賀 新 年

今 年 も 宜 し く お 願 い し ま す。

今年の私のテーマは

「 自 分 に 正 直 に 。 そ し て 伸 び 伸 び と 。」

音楽活動はもちろんのこと、日頃から心がけたいことだと思う。


昨日は、友人達が、各々好きな時間に遊びに来た。

相方の手料理に舌鼓を打ちながら、特に何をするわけでもなく、

正月ならではの平~和な時間を、皆で過ごした。

驚いたのは、昼過ぎに来たJunが、持参した日本酒一升を一人で呑み続け、

夜の7時前には空にしてしまった!!(Beerも数本呑んでからだぞ)
Jun_20100103121552.jpg
いや~、御見それしました。。 今年もその調子でいってくれぃ!

帰り際には、さすがにフニャ~となっていたが、呂律はしっかり回っていた。

私はその間、コーラとコーヒー飲んで、ずっと馬鹿話♪ 今年も酒は不要です。

優三には、我が家にある至極の Southern soul アナログ盤 (主にHi sound) 攻撃を。

優三、実に嬉しそうにニヤニヤ、時々「Yeh!」とか言いながら聴き入ること数時間。
優三
24歳にしてオッサンか? 明らかに同年代とは、音楽の趣味が違います。

そして、ヤギーペイジからは Bobby Womack / The Poets のリクエスト! 
Bobby Womack

意外だ 。。
Bobby Yagi

さて、今週末にある、私の本年度初Liveの告知です。

2010年 1/9 (土)

なまず兄弟

  古田光郷(vo,g)
  中野靖之(g)
  田口英穂(b)
  小野秀夫(ds)

荻窪 Rooster Northside

18:30open 19:00start
Charge ¥1,500-
<共演>
She-her-her-Hats

共演のShe-her-her-Hatsは、一度共演したことがある女の子のみのSoul Band!

Motownの名曲などがレパートリー、丁寧で楽しそうな演奏に好感が持てます ♪

そして、この日のLive開始時間は、平常営業時間より1時間早くスタート。

僕らの出順は後、始まりは20時くらいかな。

Chargeも¥1500といつもより安くなってます。

我ら 「なまず兄弟」 新年一発目Live! ということで、楽しく勢いつけていきまっせ~!

皆さん、是非、ご来店下さい。お待ちしています!


※ 遅くなりました。
  Live scheduleのページに、1、2月のLive予定 をUP!
  全部なまず兄弟!! Check宜しくです!
プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード