休日

昨日は一日中部屋にいて休んだ。

TVでは長谷川穂積の世界戦再挑戦。勝利への気迫溢れた戦いで思わず熱くなった。

深夜はアジア大会。やっぱりスポーツは誤魔化しが効かないからいい。


アジアといえば、北朝鮮砲撃事件。 

子供同士が喧嘩してたら「話し合って仲良くしなさい!」と大人は教えるくせに、

国の最高機関が選ぶ手段が、面子と個の権力維持のための軍事行動、

結局は殺し合いって図式じゃぁ、人類、進歩しているとは到底言えんのちゃうか。

進歩しているのは武器の殺傷能力だけやんけ。 あぁ、ほんま胸が痛い。。



今年のLiveもあと2本!

11/30 (火)

船橋 無国籍料理"月"

open 19:00~
start 20:00~
2stage
Charge ¥1,500-

12/3 (金)

荻窪 Rooster Northside

open 18:30~
start 19:30~
Charge ¥2,000-

< 共 演 >
・ 井上大地(vo,g)
・ 坂野宝Blues Band

※ 12/3は、なまず兄弟、今年最後のLiveとなります。
  出順は最後です。宜しく~! 

是非ご来店下さい。

好きなCDへの執念

数年前、お好み焼やを任されていたとき、店に沢山の自分のCDを置いていた。

音楽好き狙いの店ではなかったが、お構いなしでN.O.FunkやReggaeを終始流していた。

オーナーの都合で店を閉めることになり、100枚近いCDは自宅に持って帰った。

それら全部を確認、出したつもりでいたが、実はそうではなかった。

最近、それら数年聴いていない数枚のCDの音が、なんと夢の中に現れて、

目覚めてもまだ聴きたいままなのだ。 中々執念深いな俺。。と自分で思った。

そして昨日探したら、嫁さんの作業デスクの下奥にマヨネーズ10本入り段ボール箱を発見。

その中に、 夢にまで出てきたCDが入っていた ♪♪ それがこれ。

Come on !
『Come on / Earl King』

やっぱり最高だ! ん~ん、イナタイ、この人だけの Groove だ ♪~


そういうや、店の厨房の隅には、ギター(エレキ)と小さなギターアンプも常時置いていて、

開店前に時間を見つけて、結構な音量を出し大声で歌い、練習していた。

開店時間を過ぎても気付かず、客に声を掛けられ驚いたときもあった。

今も日常の中に、そんな練習場所が欲しいと強く思う。

真夜中のアンコウ鍋

昨夜は久しぶりに三鷹の Bayou GateでLiveだった。

開店5周年記念Liveの先陣として、店主有ちゃんが「なまず兄弟」に声をかけてくれたのだ。

普段はこの店、基本的にリズムセクションを入れないタイプのLiveをやっている。

そんなわけで、俺たちなまず兄弟は出来るだけ音量を絞りつつ演奏するわけだが、

音量が小さいからこじんまりするというのは、違うだろ?なわけで、

音量を押さえ気味にしつつ、その曲の持つムードやスピード感を損なわないようにするのだ。

これが中々タフさを要求されるし、何百回演奏した曲でも新しい発見をするわけだ。

そんな制約を忘れさせるくらい伸び伸びと艶やかなソロを弾いていたのがヤス♪

いつも来てくれるKさんから「ヤスさん、ジロキチと全然違うや~ん!」と野次られていた。

俺は全然違うとは思わないが、Kさんは一リスナーとして何かを感じたのかも知れない。

とか言うものの、終盤はいつも通り、4人で結構な音量をかましていた。

客も皆、大声で騒いでいたしな。 なまず兄弟は、どこでやってもなまず兄弟なのだ。

何はともあれ有ちゃん、5周年おめでとう! 早いね。 この先いつまでも続けて下さいよ。


片付けも終わり、店を出る直前、Jun宅でアンコウ鍋を食っているとの情報が入ったので、

秀夫さんを送り届けた帰り、深夜からお邪魔した。

岩手帰りのF田氏、Junはすでに出来上がっておりヘラヘラ状態だ。

それでもJunは、新しい野菜などを甲斐甲斐しく切ってくれた。ありがとう。

夜中も2:30を回り、俺もそろそろ帰ろうかと支度を始めたら、どういう話の流れか

Junが(小・中学生時代の)アイドル、アグネス・チャン~スージー・クアトロの話を始め、

そこから爆笑話が止まらない。久しぶりに馬鹿笑いしたような気がする。Jun、愛してます♪


因みに俺の中・高生時代のアイドルは、 山口百恵さん でした。 懐かしいなぁ~。。


夜明けの Dance

夜明け前、近所迷惑を気にしながらLive盤を楽しむのは難しい。

Great!!
『 Live at Fillmore / Los Lobos 』 ('05)

俺の知る限り( 狭い範囲だが )、現存する世界中のLive bandの中ではNo.1だと思う。

そして、見た目のオッサン度合いもかなり上位のはずだ。

。。 そこはあやかりたくないな。


もう一度言うが、明日は なまず兄弟 の Liveだ。

11/20(土)

三鷹 Bayou gate

開店5周年記念企画Live!


open 20:00~
start 21:00~
2stage
Charge ¥2,000-

始まりが少し遅い。 お間違えなく!

そして、楽しい夜になること間違えなし!

夜明けのBlues

昨日から急に寒くなった。

夜明けごろ、寝なきゃの時間なのにこれを聴きたくなった。

モダンブルースの父
『T-Bone Blues / T-Bone Walker』('72)

いつも手の届くところに置いてある愛聴盤 ♪


週末は なまず兄弟 の Liveだ。

11/20(土)

三鷹 Bayou gate

開店5周年記念企画Live!


open 20:00~
start 21:00~
2stage
Charge ¥2,000-

Toy story

金曜日、嫁さんが「TSUTAYAでDVDを借りたので一緒に観よう」と言う。

何のDVD?と聞くと 「Toy Story 3、面白いよ~」 だと。

俺は心中 「アニメかよ~。。子供じみてんなぁ」 と思いながらも、

「途中で寝ても怒んなよ」 とか言いながら渋々観ることに。。

しかし、、

これには感動した~! クライマックス、オッサン古田、不覚にも涙したのでありました~。。

関西弁で言うところの 「エエ話やないの~」 である。

愛と勇気の物語

中年の皆さん、騙されたと思い一度ご覧下さい。

大いに笑えるし、大人でも十分楽しめます。

Jirokichi

抽象的な歌の話。

Jirokichiで歌うと特別な空間にいるように思える。

いつもは平面的に聞こえる自分の声が、より立体的に感じるというか。。

これは「日本一!」と名高い PA の WAO さんの腕によるところであろう。

なもんで、ここで歌う度、いつも気付かないことや新しい発見をするのだ。

そんなわけで、終演後、帰宅後、色々考えてしまい寡黙になりがちだ。

これは、凹んでいるわけではなく、気付くと自然に歌、音楽を考えているのだ。

「俺の歌は、まだまだ表現力が狭いなぁ。もっと歌わんとな。」 とか、

まだやったこともないような曲が頭の中で流れ出す。

「お?ええな?こういうムードの曲をなまず兄弟で今度やろう。

秀夫さんがこんな Dr 叩いて、田口君がこんな感じの H なフレーズ弾いて、

俺とヤスのギターをこう振り分けて。。」  とまぁ、こんな感じだ。

終演後、次にやりたいことのイメージがいただけるなんて、

こんなありがたいことはない。 Jirokichiに感謝だ。

でも、  本当は、どこで歌ってもそうでないと本物じゃないんよね。

俺もまだまだだ。。


ステージで機材を片付けていると、亡き Solomonn Burke の遺作となってしまった

『 Nothing's Impossible 』 が BGM で流れていた。

俺は、同じく片付けている WAO さんに 「これ、遺作だよね~?」 と話す。

すると、間髪入れず 「与作じゃないよ。」 と返ってきた ! 

。。。

これもWAOさんなのだ。


お疲れ様でした。





そしてレコ発Live!

昨夜はなまず兄弟のリハだった。

一曲目から、まるで昨日もどこかでLiveだったような音が出る。

バンドというのは、年月かけてLiveの回数を重ねていると、

メンバー各々の音楽の根っこが繋がり出す。

こんなオモロイことは他に無い。

そして昨日は、ご機嫌な新曲も完成した♪ 明日 Jirokichi で演奏するぞ~。

そんなわけで、やっと、都内のなまずマニアの皆さんと一緒に New album 発売を

祝う日がやってきました。


なまず兄弟

2nd album 『 Live at Jirokichi 』 発売記念 Live !

11/10(水) 

高円寺 Jirokichi

18:30 open 
19:30 start
2stage
Charge ¥2,700 + order

それでは皆さん、明日の夜、高円寺で会いましょう!

睡眠時間

昨日は久しぶりに8時間以上寝た。

8時間以上寝るなんて、年に1度あるかないかのことだ。

7時間以上寝る日もまずない。

6時間以上寝ると 「もう少し寝てたいけど、まぁこんなもんかいな」 だ。

5時間台だと、気を抜くと眠い。

4時間台以下だと、気を抜くと居眠りこいている。 こんな感じです。

駅前電飾
某駅前に灯った電飾。。 まだ11月やで?
冬、街や宅をやたらキラキラ飾り出すようになったのはいつ頃からだろう?

明日は なまず兄弟 のリハ、11/10 は新曲聴いて欲しいね~ ♪♪


加湿器

空気が乾燥してきた。 加湿器の出番だ。

昨冬まで何年も作動していた加湿器が遂に壊れたので、

新しいのを探しに、とりあえず人気リサイクルショップへ行ってみた。

何点も展示してある中から、比較的年式の新しいもの(2007年)を選んだ。

ハイブリッドだぜ!

操作パネルを見ると 「ハイブリッドサイン」 とか明記されてる。

言葉の意味、定義はよく知らないのだが、何だか新しい感じがする。。

帰宅し早速給水、作動開始させて加湿噴出口から湿気が出てくるのを待つ。。

が、作動音こそするものの、一向に湿気らしきものが出てこない。

セットミスか何かか?と思い、取り説を読んでみると、あら驚き!!

「この製品は、水を沸騰させる方式ではなく、水分を含ませたフィルターに温風をあてて、

お部屋に湿気を出す方式なので、湯気(蒸気)は出ません。」 だってさ!

見えない湿気 ??。。 いや~、古田のおじさん、完全に時代に取り残されてます~。


夜は、自分のギターアンプを積んでスタジオへ ♪ 

ああだこうだとやってたら時間が足らず、一時間延長してもらい、終われば夜中の2:30だわ。

帰り道、久しぶりに聴いた 『 Storyville / Robbie Robertson('91) 』、

歌が始まると、窓の外、深夜の景色がいきなり変わった。

歌の力量不足を指摘する人もいたが、俺は、曲や音の空間が好きで時々禁断症状が出る。

そして聴くと、何故だか、凹むくらい寂しくなるときもある。 音楽とは不思議なもの。。

隠れた傑作
よっ、色男~!


A

昨夜は高円寺まで A のレコ発ライブ&ツアーの最終日に行って来た。

A を聴くのは久しぶり ♪ 客は超満員でエエ感じ。

Live at Show Boat

ドサクサの中で、久方ぶりの友人知人に沢山会ったが、 

この日は何と、ネッシー(ex.BOUND) に10年ぶりくらいに会った。

一回り以上大きくなっていたが、話すと中味は前のまんま。元気そうで何よりだ。


さあ、来週は俺たちのレコ発ライブだ。 シャキッ!っといくぞ!

激鳴り~

京都のkちゃんが、ケースの中で何年も眠っていたギターを出してきて、

「これ、使うか~?」 と言ってくれたんで迷わず東京に連れて帰った。

ネックの反りや電気系統の劣化などですぐには使えない状態だったのだが、

先日、メンテから帰ってきたので、ギターを持ってスタジオに入った。

Greco SA-550 '76

おっ ? これはヤバイ!

一音爪弾くと 「もっと弾いてくれ~!」 とギターが叫んでいるようで止まらない。

国産を侮る無かれ!'76生まれ、 俗に言う 「 激鳴り 」 というやつだ。

それに、いつも弾いているテレキャスターに比べると、あまりにもレンジが広い。

静から ~ 動まで、深ぁく、人間臭い音が出せそうだ。


丁寧なメンテをしてくれた高円寺の K 堀くん、どうもありがとう!

こいつと毎日仲良くして、そのうち Live で使いたい ♪


それにしても、よく雨の降る朝だなぁ。。

♪ Chicago bound / Jimmy Rogers ♪
プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード