帰り道

昨日は船橋「月」にてなまずLive。

メンバーとは大地震以降初めて会ったので、やはりいろいろと話は尽きなかった。

この日は1ステージのLiveだったが、新曲を2曲織り混ぜての構成。

出来立ての曲ながらも、何とか持ち味は出せたと思う。

何度も練習した俺以外三声のコーラスも良い感じだった。

しかし、毎度お馴染みの曲の演奏がどうも散漫で残念。油断は禁物だ。

同じ曲を何百回演奏しようとも緊張感は失せず、より太い塊となり駆け抜けなければ。。

俺たちにRock魂があるなら、今いるここで立ち止まるわけにはいかんだろと思うのだ。

自身のバンドの音には本気で欲張りたい。 自信を持って、良い音楽を撒き咲かせたいのだ。

そんなわけで、こんなLiveの日の帰り道は悲しいね。


昨夜、俺たちのCDを買ってくれたお客さんたち、感謝します。

そして駆け付けてくれた千葉方面~船橋のお客さん、ありがとう。また会いましょう。

2 weeks after

数日の間、パソコンを開けてなかった。

時間があればTVで震災関係のニュースを見て、東電からの不確かな原発情報に不安を抱き、

用のない日は、早い目にベットに潜り込み、睡魔が来襲するまで文庫本などを読む。

が、疲れているときは、どうも文章が入ってこない。集中力の持続時間が短いのだな。


先日、朝から部屋で、小音量にてギターをプラグ・イン、歌っていたら、

上の階 (つまり俺の天井) から ドーン!!と床に衝撃波をいただいた。

迷惑おかけした。 悪いのは俺だ。 しかし、一瞬ムッとした。 いや、悪いのは俺だ。


夜、駅前がとても暗い。それは二軒あるパチンコ屋が派手な店外照明を全部消して営業しているからだ。

駅の構内も必要以上の照明は点さず、震災前より数段暗い。

でも俺は、これくらいでいいんやないの?と思う。 今までが明る過ぎたことに気付かされた。


明後日は、久しぶりの Live、とても楽しみだ。

「なまず兄弟」

3/30 (水)

船橋 無国籍料理"月"

open 19:00~
start 20:00~
Charge ¥1,500-

<共演>
Good times with Reiko

※ 出順は なまず兄弟 が先です。

今日のお薦め♪
Soul Deep,,
『 Veedon fleece / Van Morrison ('74)』
繊細だ。深い。気持ちを落ち着かせてれるアルバムだ。 そして時々涙してしまう。 
アメリカでの制作活動に疲れ、故郷アイルランド、ケルト文化に想いを寄せ創られた曲群。
このアルバムを聴くと、今更ながら、とんでもない歌い手、音楽家だなぁ。。と思う。
俺にとって、死ぬまで聴ける、飽くことのない大切な1枚だ。
少しでも興味がある人は是非聴いてみて下さい。 何度も。。

それでは、また。

計画停電

昨日の計画停電は夕方18:40から始まった。

俺は自転車に乗り、停電が実施されていない隣の区画まで買い物に行った。

灯り一つない町並み、いきなり出くわす無灯火の自転車、

暗い色のコートを着た会社帰りのサラリーマン、見えないので危なくて仕方がない。

帰り道、坂道を上がり振り向くと、停電のない町並みがくっきり浮かび上がって見えて、

とても不思議な気分になった。

そして、町の生命線をコントロールすることなんて、簡単なことなんだなとも思った。


しかし、今こうしている瞬間も、被災地の避難所では、

いつ回復するか先が見えない真っ暗な生活環境の中で、

20万人以上の人たちが、我慢と命の限界の中で戦っている。

それに比べたら、終わりの見えた 3 時間の停電なんて短いもんだ。

コンサート中止のお知らせ

4/2 に千葉県舘山市で予定されていました 「 なまず兄弟 Live at Bliss 」 のコンサートは、

このたびの東日本大震災の影響、それに準ずる諸事情を考慮し、

残念ながら、中止することが決定しました。

地元舘山にて、企画、協力していただいた主催者、協賛の方々、スタッフの皆さん、

今回は実現こそ出来ませんでしたが、コンサート準備のために尽力していただいたことに

メンバー一同、心より感謝します。

1week after

昨日の計画停電は午後0:20~の予定だった。

午後0:40頃、TVでニュースを見ていると、いきなり バチッ! と電源は落ちた。

明るい時間なので、Life line以外不便はないのだが、天気も良いので外に出た。

作動していない信号、お見合いしている乗用車、表に出て近所の人と立ち話をしている人たち。

停電区画外のファミレスで嫁と待ち合わせ。しかし生憎、喫煙席しか空いていない。 

仕方ないか。。 俺は食欲が出ず、コーヒーと抹茶パフェを注文。

隣のミセスはブカブカ煙草を吹かしている。 その後、食事を半分以上残していなくなった。

満席状態で、ほとんどがチョイ若オバハン。 下品な笑い声が段々と大きくなる気がした。

もし、東京で大きな震災が起きたとき、果たして、東北の人たちのように助け譲り合えるのだろうか?

そんなことを考えながら、これ以上ここにいても気分が悪くなるので、勘定を済ませ店を出た。


そのあと、近所の大きな公園に行って時間を過ごした。 子供たちが無邪気な声を出して遊んでいる。

梅林の中に、黄色の花を咲かせる木を見つけた。

青空の下
「サンシュユ」という名札が木にかけてあった。

そろそろ時間かな?と自転車を漕いで帰路につくと、街道の信号が点灯し始めた。

部屋に入ると、点けっぱなしのTVから金八先生の声が聞こえてきた。


ありったけの救援物資を積んで、被災地に飛んで行ったFさん、くれぐれも気をつけて帰ってきて下さい。

東日本大震災

信じ難い大災害が起こり、数え切れない多くの人たちの命が奪われてしまいました。

あまりにも大きな天災。今の人間の力では、到底太刀打ちできない相手。 

今後、何十年以上に渡り、この悲しみが消えることはないでしょう。

しかし、残された人たち、国中の人達で、力を併せて東北の復興を目指すしかありません。

日々の節電の心がけなど、僅かでも協力出来ることから行動を起こしましょう。


そして、亡くなられた多くの人たちのご冥福を心から祈る毎日です。

Jirokichi Live!

今週末、金曜日の Live 告知です。

なまず兄弟

古田光郷 (vo&g)
中野靖之 (g)
田口英穂 (b)
小野秀夫 (dr)

3/11(金)

高円寺 Jirokichi

18:00open 19:30start
charge ¥2,700-
2stage

今年初のJirokichi Live! 是非皆さん、ご来場下さい。

待ってるで~!

疲れてへんわい。

昨日は小雪舞う中 「なまず兄弟」 のリハへ。

頑張り過ぎたのか、帰りの電車では、座った途端、夢の中へ。。

デカいギターケースを抱えているので爆睡こそしなかったけど、

あッちゅう間に最寄の駅に到着した。

移動中にこれだけ眠くなるのも珍しいことだ。


さぁて、元気出さねば~!

いちご大福ギター!

一昨日は、修理をお願いしていたギターを受け取りに御茶ノ水へ。

今や俺のメインギターとなりつつあるグレコのセミアコ、 のペグ(絃巻き)、

古くて緩いため、Live中も頻繁にチューニングを必要とする。ので交換をお願いしていた。

「 MC しながらチューニングすればいいじゃないですか」と言うメンバーもいるが、

何事も ながら を苦手とする古田である。 ここは無理をしないことを選んだ。

( とか言いながら、ギターを弾き ながら 歌っているのだが )


そしてその夜、早速、試奏しにスタジオへ。

スタジオ内部
問題は解決された!「こうも違うものか!」というぐらいしっかりしている。
さすが GROVER といったところか。
ストレスは解消された。 これで 3/11 の Jirokichi は歌に集中できるぞ ♪


昨夜は、帰宅すると、嫁がこんなものを作っていた。

驚きのスイーツ!

何と、ここにおわすは、イチゴ大福 ではないかいな!

(外側から)薄い餅の皮、こし餡、イチゴ(これは栃おとめか?)がそれぞれの味を

邪魔し合うことなく三見一体となり、何とも絶妙な味を演出している。

因みに俺がガキの頃は、こんな奇妙なお菓子はなかったと記憶する。(少なくとも亀岡には)


嫁は 「初めて作ってみた。」 とか言うのだが、謎の職歴 がきっとあるに違いない。

無人野菜販売所

そういや、俺はサラダが好きだった。

これはガキの頃からで、よくキュウリに塩だけ付けてボリボリ食べた。

それを見ていた母から オマエはキリギリスか!」 と突っ込まれた記憶がある。

しかし、ここ数年サラダが食卓に乗る回数が減った。 何でやろ?と考えた。

それは、東京(スーパーなど)で市販されている野菜が美味くないからだと気が付いた。

色は鮮やかで整っていても、葉肉が薄かったり香りも乏しい。つまり、そそらないのだ。


最近、嫁が、無人販売所なるところで時々野菜を買ってくる。

ウチから自転車で行ける距離に、農家直売の無人露店があるのだ。 

いつも同じものがあるとは限らないし、何も無いときもしょっちゅうらしい。

土がまだ付いたままだったり、不恰好なものなど、大体(一袋)一律100円。

そばに貯金箱タイプの穴が開いた木箱が置いてあり、そこに自分で買った分だけ料金を入れて帰るのだ。

それらの野菜は、特別美味しいわけではないが新鮮で元気があり「これぞ野菜!」という質感がする。


それにしても、無人販売所なんて。。 こんな時代なのに、何かホッとするものがあるやん。

きれいだったのでカシャり!
豆ミョウとラディッシュのサラダ。
豆ミョウには少し青臭さがあるので、胡麻ドレが合います。

Magic time

午後、降っていた雨がみぞれになり、雪に変わった。

降雪中の空気は、何だかキリッとしていて嫌いではない。

それに比べて、これから訪れるトロ~ンとした春のぬるさは、どうも居心地が悪い。


それにしても昨日の「カボチャ泥棒」は小さな話で、今日読むと我ながら所帯染みている。

しかし、これが俺の日常。 Soul music もあれば台所もあるのだ。


以前、お好み焼きやで行方不明になっていたCDが見つかったことを書いたが、

そのCD群の中から、改めて「やっぱりエエなぁ。」と聴いているのがこれ。

He is Mr.Music
「 Magic time / Van Morrison 」 2005

この人の音楽を文字にするのは難しくて、俺には「ん~ん、素晴らしい。。」としか言えん。

部屋で一人このCDを聴いていると、「やっぱり音楽が好きで良かった、」と思わせてくれる。


それと、もう一つハッキリ判ったことがある。

Van Morrison は、お好み焼屋の BGM には合いまへん。
プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード