始 動!

明日の Live です。

9/27(火)

船橋 無国籍料理"月"

『 故 マスター野口徹 追悼 BIRTHDAY LIVE 』

なまず兄弟

  古田光郷 (vo.g)
  中野靖之 (g)
  吉田靖雄 (b)
  栗本聖士 (dr)


< 共 演 > 町田謙介 (vo.ag) with 新井田耕造(dr )シータθ(vo)/小村豊(vo.ag)

OPEN 19:00
START 20:00
Charge¥2,000 (9/27 生まれの方はチャージ無料!)

マスター野口君、マチケン町田君とで始めた9/27生まれが歌うBirthday Live!
野口君は他界してしまいましたが、それでも続けよう!と、今年で4回目。
そして、この日は、新しいなまず兄弟の初Live!
僕らの出番は最後。 Special session もあります。 皆さん、宜しくー!!


生涯モテキ?
Bobby "Blue"Bland、俺はやっぱりDuke時代のものが好きだな。
この人の歌は最強やと思う。パワフル、そして染みる。。
これは、京都時代、思わずジャケ買いしてしまったアルバム。
もちろんLPでっせ。

秋到来

暑さ寒さも彼岸まで。

日が暮れると少し肌寒く、半袖一枚ではいれなくなった。いよいよ秋だ。

それにしても今年の夏もよく汗をかいた。。

ベランダにはいつも俺のT-シャツが並んで揺れていた。

計画停電(エアコン使用不可)も覚悟していたのだが、実行されずにすんだ。

これは節電の成果かも知れない。


一昨日はなまず兄弟のリハ、着実に進歩はしているが、ついその先を欲張ってしまう俺。

焦ったらあかん。あとはLiveだ!Live!!それしかないだろう。

Liveは逃げも隠れも出来ない俺たちの戦場。言い訳は一切なし。自分に負けたら次がないだけだ。


スタジオ内に VOX のギターアンプがあったので、最初鳴らしていたが、どうも音が近過ぎる。

何故だ?あ、そうだ。このアンプ、リヴァーブ ( 残響 ) がないんだ。

一度使い込んでみたいアンプなんだけど、あっさり諦めて、いつもどおりJC にプラグイン!

俺の音楽にリヴァーブは欠かせません。


それでは皆さん、風邪ひかんようにね。

暴風雨圏内

台風15号が、夕方くらいら都内を直撃して行った。

それを見越して、昨日はバスで出かけたのだが、案の定、帰りの時間は暴風雨。

傘などは全く役に立たず、バスに急いで乗り込んだ乗客は全員ビショ濡れだった。


帰宅後、こんな日は新曲の練習でも!と準備したのだが。。

部屋でシャウトは難しい。

ギターの Volume は絞れても、声の Volume を絞るのは難しいのでありました。

ジユーなロック

深夜、にわかに雨音が強くなってきた。

そういや、そろそろ台風が上陸すると言ってたな。

今回も高知から上陸するのか。 大変だなぁ。


今夜は温かい飲み物が欲しくなって、ブルーベリー・ミルクなるものを作ってみた。

このような飲み物の情報があったわけではない。 俺が思いつきで勝手に考えたのだ。

微妙。。

そして飲んだ。

ウ~ン。。 味も色も微妙。。

BLUEGILL のミツタカの声とはどうも合わない。

お?しかし底の方は美味いぞ? 次はもう少しかき回してみよう。


今日は母の誕生日。 生きていたら79才か。 

ばぁちゃんやなぁ。

牧場からとりました!

昨夜、ヤスオ(b)から携帯にメールが届いた。

「今北海道です。今日タケシの実家に行ってきました!牧場からとりました!」

(タケシとは、以前 『ふるたら』 でギターを弾いていた新村くんのこと。
 現在もNew Orleansに在住。ヤスオとタケシは従兄弟同士なのだ。)

そして、添付されていた写メールがこれだ。

雄大!

何とも壮大で、素晴らしい景色である。

彼ら二人(タケシ&ヤスオ)のゆったりした性格のRootsを感じさせる。


しかし、これを眺めていると、この風景なら、普通、横画面やないかなぁ?と思ってしまう。

まぁ良い。それが~吉田靖雄なのだ。


ヤスオ。 気をつけて帰って来てね。

月暈

深夜、クルマから降りて空を見上げたら、月の周りに薄っすらと巨大な輪が出来ていた。

幻想的。。
( これは拝借画像だが、かなり近いイメージ )

以前にも見た記憶があるな。( 太陽のもね )

早速ネットで調べてみたら、月の周りに現れたものは月暈( つきがさ、げつうん )というらしい。

俺的には、夜中に綺麗なものが観れてラッキー・ガイな気分でいたのに、

検索結果の中には「巨大地震の前兆」とかいって、災いと結びつけたがる奴がいるんだな。

根拠もなく、いたずらに不安を煽る奴。 ( 特にこの時期 ) 無責任な発言は控えて欲しいよね。

( 昨日の夕方、都内で揺れを感じたけど。。まさか無関係やろ )


現実逃避や、現状をごまかすという意味ではなくて、

皆の心が楽しい方に向いていけるような話をしたいね。

良い ( 楽しい ) 音楽を作り、発信したり、Liveをやったりすることも同じことのような気がする。


さて、来月の 関西ツアー は気合入れていきますよ!


※ < 月 暈(つきがさ、げつうん)>
月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のこと。
虹のようにも見えることから白虹(はっこう、しろにじ)ともいう。

視界良好!

昨夜は、なまず兄弟のリハ。

新メンバー (特に栗本くん) もやっと古田という珍獣に慣れたのか?身体に曲が浸透したのか、

ここにきて、遂に躍動感が出てきてた。このままイケイケ~!

集まり、音を出す度に、ぶつかり、そして混ざり合う4人の音。

書き下ろした曲もすぐに出来上がり、正直、手応えは 有りだ!

そんなわけで、10/14~の関西ツアーが楽しみです。

今回のツアーでは、ヤスの歌コーナー もあるぞ。

ヤスは、あれで、太くて艶のあるイイ声してるんだ。

皆さん、お楽しみに~!!


Great!
「Sticky Fingers / The Rolling Stones」('71)
最近またよく聴くようになったこのアルバム。やはりこれは名盤だよ。
名曲揃いだが、俺はやっぱり 『 Wild Horses 』 が一番好きだな~♪

Magic Touch

外は随分涼しくなったのだが、部屋の中にいると蒸し暑い。

こんな夜はコッテリした Blues の Live 盤だ。

これは黒い!
Magic Sam /Magic Touch
feat Shaky Jake Live at Sylvio's Chicago 1966.
この頃のChicagoでは、夜毎こんなLiveが繰り広げられていたなんて、あぁ♪♪
(個人的には、インストだが Collins の 「Backstroke」 に毎回やられる)

※ Suchedule のページに 10/14から始まる「なまず兄弟」の関西ツアーの詳細をUPしました。

→ こ こ

多肉植物

多肉植物 という言葉をご存知か?

サボテンもそうだが、葉の部分がボテッと分厚い観賞用の植物のことだ。

花のように華やかな訴求力はないが、これが中々観ていて飽きないのだ(俺は)。

きっかけは忘れたが、小学生~中学生になる頃、やたら多肉植物に興味を覚え、

少ない小遣いでサボテンを買っては、収集の真似事にようなことをしていた。

そして「将来は自分の温室を多肉植物でいっぱいにしたいなぁ」とか夢見ていた。

盆栽とまではいかないにしろ、10代前半にしてはジジ臭い趣味だったかもな。


かみさんからその話を聞いていた友人が、先日、地下鉄構内に置いてあるフリー・ペーパーで

多肉植物の特集を組んでいるのを見つけて、俺のために1部とっておいてくれた。

それが昨夜、やっと手元に届いたわけだ。

壮観だ~!

表紙の写真を見ながら、ウ~ン、やっぱり何とも言えず惹かれるなぁ、とか思うのだが、

多分、他人にはこの俺の気持ちは解るまい。

全種、ぐるーりと見回したのだが、大体昔のまんなだなぁ~とか思いつつ。。

見たことのない種類がいくつかあり、時の流れを感じた。

今度、機会があったら大きな花屋を覗きに行ってみよう。


このフリーペーパーを見れたことも楽しかったが、

わざわざ1部持って帰って下さった気持ちが嬉しいです。

どうもありがとう!Aちゃん。

深夜BSにて

9.11、10年経過に向け、NKH BSではアーカイブスで関連ドキュメンタリーを連日放送している。

3時間近い番組なのだが、夜毎深夜、TVに釘付けになっている。


爆破テロ現場で、タリバンへの戦意を扇動するかのごとく演説するブッシュの言葉には、

近代国家トップとしての説得力はなく、いたずらに被爆経験のないアメリカ国民の愛国心を煽り、

「うちのもんで殺された奴がおるさけ、相手んとこ行って仕返ししたろけ!」にしか聞こえない。

戦争を始めたくて仕方のない死の商人のようなものだ。 本当、ブッシュは酷すぎる。

このアメリカでの一連の流れ、行動により、罪もないアフガン、イラクの人々が大多数死に、

これらの戦争の出口は見えなくなり、アメリカ経済は疲弊し、オバマの時代に突入してゆく。


いつの時代、どこの国にも、戦争で殺された人たちには、家族、そして愛する人たちがいる。

そして愛する人が殺された故、憎しみが膨らみ、やがてそれは連鎖してゆく。

果てのない憎しみの旅だ。これをどこかで断ち切ることが出来る日は来るのだろうか?


これは、人間の永遠のテーマだなぁ。。と考えながら、俺は風呂に入る。

歌詞

一人スタジオに入り、ギターを抱え、何も決めずに歌ってみる。

出てくる歌詞は Blue なものばかり。 

自分で笑う。

今日はそういう気分なんだな。 これはこれでいい。

いつからか、まとめるために歌を作っていない自分に気付いた。


ある日、歌の小さな爆発みたいなもんがあって、悶えて、暴れて、欲して、

それらが熱を帯びて、言葉やメロディーとなって、外に出る。

歌の世界は、日々の感情や衝動という一点から広がり始める。

それらは、色んな表情があるから面白い。 あって当たり前だわな。

そして、その表情が歌になったとき、一瞬にして実際よりも大げさになるところが楽しい。

だから俺は音楽、バンドが好きなのだ。 どんなときでも元気になれるのだ。

人生はドラマチックだなぁと実感できるのだ。 

疲れてしまうときもあるけど、懲りもせずまた起き上がり繰り返す。

馬鹿で結構。地道に歌を書き、そして歌っていくのだ。


自分に嘘をつくのは自分を苦しくするだけだ。 

苦し紛れに他所から言葉を拝借するっつうのも、これだけ生きてきて芸がねぇ。

聴き手のリアクションを想定して作る歌は、J-Popの人たちにお任せするとしよう。

台風

今回の台風で20人以上の人が亡くなり、行方不明は50人を越えてしまった。

その中にお年寄りが多いことが切ない。

ガキの頃は、台風が来ると学校が休みになることが多かったので、正直嬉しかった。  

おバカなガキだ。

それでも直撃時間帯は、弟とガラス戸を押さえたりしていた記憶がある。
(今思うと、雨戸がなかったからだな)

今週いっぱいは、台風の余波なのか、東京も蒸し暑い日が続くらしい。

そして夏が終わるのかもな。


さて、今夜は歌いこみに行くぞ。

最近、頭ん中だけで Play している時間が長い。 これはヤバイよ。

大きな声を出さなくては。 Beatを磨かねば。 空気を塗り変えねば。


My Roots
俺のルーツ。沢山カバーした。
今も聴くたび一気にテンションが上がる!!






熱帯夜

台風、関東は逸れそうだが、何とも蒸し暑い。

サッカー(日本VS北朝鮮)BSを観戦後、就寝。じーさんか。

久しぶりにタップリ眠りたかったのだが、寝苦しく 2 時頃起きた。


市販のアイスコーヒー、微糖から無糖に替えたのだが、

甘さがない分、いくらでも飲めてしまう。 カフェインの過剰摂取にご用心だ。


最近、部屋でCDを聴くとき、以前に比べて Zydeco(ザディコ)率がすこぶる高い♪

ブルージーなカッコ良さと音楽の楽しさがいっぱい詰まっている。

大尊敬!
The King of Zydeco  Clifton Chenier ('87没)
生で聴きたかったなぁ。

明日はカラッと晴れてくれ。

今日から 9 月

昨夜はなまず兄弟のリハだった。

Let's Boogie!!

頑張れみんな!気を抜かず、音を熱して混ざり合わせるんだ!

そして古田、、もっと練習せんか~い!


スタジオへ行く電車での移動中、地震があったらしい。

しかし、俺は気付かなかった。。

東京23区の震度は 3 だったそうな。

震災以前なら大騒ぎだよ。
(先日、ニューヨークでは60数年ぶりの地震。震度2で市民は大騒ぎ!)


台風接近のせいか、蒸し暑い汗ばむ一日だった。

帰宅後、俺は一時間ほど気を失った。

くそ~、 負けへんで~!


遂に俺は、医者の指示に従い、コーヒーから砂糖を排除するとに成功した!

しかし、厨房に置いてあった椎茸の煮物が、瞬間 牡丹餅に見えた。

な?見えるやろ?

マジでそう見えたので、私事ながら「俺、大丈夫か?」と驚いた。。

この幻覚、もしかして和ものスィーツへの禁断症状の表れか!

ではまた。
プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード