迷わず進め!

昨夜は、Clop ClopでLive(古田vo.g、藤倉vo.g、靖雄b、優三dr)だった。

5月に初めてこのメンバーでやったのだが、好感触を得て今回のLiveに。

歌う俺、藤倉くん、それぞれが新しいレパートリーを持ち寄り2ステージ構成で。

結果、前回より数段良い演奏が出来たと思う。

新しい強烈 Boogie なナンバーも最高のグルーヴを出していた。


彼らと演奏していると、音楽に対して、このままPureな気持ちを持ち続けることが出来たら、

それがどれだけ素晴らしく尊いことだろうと思えるのだ。

そして、俺が求め続けてきた音楽の楽しさ、深さは、何の変哲もないシンプルな曲の中に

こそあるということを、改めて感じることの出来た貴重な夜だった。

メンバーのみんな、マスター、どうもお疲れ様でした。


次回、このメンバーでのLiveは、

8/2(木) 荻窪 Rooster Northside です。

皆さん、是非来て下さい。

with Hal's Blues Band

京都から帰って来た。季節的には梅雨なのだが、雨はほとんど降らなくてラッキー。

滞在中、久しぶりの人たちに沢山会うことが出来た。


そしてハルさん、ヤッチン、小川さんとは、十何年ぶりに一緒に演奏することが出来た。

Hal's Blues Band
Hal's Blues Band / 田中晴之(vo.g) 松本靖志(b) 小川進(dr)
珠玉の小音量演奏。素晴らしい音楽はジャンルなんか忘れさせてくれる。
ギターから滲み出るハルさんの人柄、人生、そしてBlues、
正直言って、ずっと最後まで客席で聴いていたかった。


狭いながらも~
後半途中から俺登場。嬉しくて、夢中になって、最後まで胸がいっぱいで歌った。


エンディング・ポーズ
つい興奮してしまい、曲終わりは、狭いステージということも忘れ、いつものポーズ。
店内は満席状態、皆さんとても楽しんでくれた。


帰り間際の記念撮影
最後は、残ったお客さん、メンバー、ママさん、マスターと記念撮影。
む~ら、素晴らしいお店でした。近所にあったらヤバイ!絶対入り浸るわ。

皆さん、本当にありがとうございました。 


さぁ、今夜は西荻窪Clop ClopでLive!

もらって帰ったSoul、全開でいきまっせ~!!

梅雨の京都へ

母の十回忌ということで、明日から京都方面に数日滞在することになった。

Liveのついで以外で実家に帰郷するのは久しぶりだ。

その間、丁度、昔の仲間、先輩達のLiveがあるので、ゲスト出演させていただくことに。

6/24(日)
京都市 左京区 高野 Jazz cafe Murra

Hal's Blues Band

 田中晴之 (vo.g)
 松本靖志 (b)
 小川進 (ds)
 <ゲスト> 古田光郷 (vo,g)


Start 19:00 ~
前売¥2,500, 当日¥2,800
 
 20代半ばの頃、1年間くらい毎週集まって、南部のSoulを中心に演奏していた仲間、
 いや、私にとっては皆さん師匠のような先輩方。
 その三人がそのまま京都で、老舗Blues bandとして精力的に今もLive活動中。
 当時演奏していた曲などを中心に5曲くらい歌って参ります。
 そして高野は、上京前の濃い~数年間を過ごした町。 
 何とも楽しみ。京都の皆さん、宜しく~!


そして東京に戻ってすぐのLiveです。

6/27 (水)

西荻窪 Clop Clop

『古田と若者たち』

古田光郷(Vo.Gt)
藤倉嗣久(Vo.Gt)
吉田靖雄(Bass)
吉岡優三(drums)


19:00open
20:00start
Charge ¥2,000-
2stage

 こちらのセッションは、前記とは打って変わって、歳の離れた後輩達との楽しい夜。
 前回、初めてこのメンバーでLiveをやったのだが、ガツン!と確かな手応えを掴んだ。
 藤倉君は、ギターもさることながら、歌も清やか。変なくせがなくとても良いです。
 この日は強力Boogie!をやるべく現在仕込み中 ♪ Blues、Soul、R&Rをたっぷりどうぞ!
 
皆さん、是非ご来店下さい。

Hound dog taylor

Let's Boogie !!




歌う人

誰にでも、偶然、様々な出来事が重なり、周辺が変化する時期がある。

俺にとって、今が丁度そんな時かも知れない。

こんなときは、焦らず、びびらず、どっしり構えて、

本当に自分の進むべき道筋を確認することだ。

そして、そこへ進むときには、自信と元気が必要だ。


ここ数日、夜毎朝まで曲を書いている俺。

皆さん、お楽しみに。

Blues & Soul night

金曜の夜は、倉本主謀のBlues&Soulのセッションを聴きにClop Clopへ。

メンバーは、須川光(key) 小安田憲司(vo.g) アオヤマハルヒロ (vo) 吉岡優三(Dr.)

そしてこの日のバンマス、倉本巳典(bs)という布陣。色々と楽しかった。

青山君(vo)はSouthern soul band フェイヴレイヴスのVocal、Soul manだ。

この日は普段歌わない Blues を中心にということであったが、

熱い男で、周りは関係ないくらい自分で熱くなる。静かな曲も最後は興奮~絶叫。

ついついステージの前に出てきてしまい、照明から外れ顔がよく見えないという有様。

この男、最高のSoulバカだ。熱い歌い手の出現が久しくなかったので俺は嬉しくなった。

このまま続けて、どうか死ぬまでShoutして下さい。


最後は俺も呼び出されステージへ。

Soul Brothers

歌は音感、声量、リズム感、もちろんこれらがあるに越したことはないが、

何よりも 「これが好き~!この想いを伝えたい、聴いてくれ~!」 の心意気が大切。

そして心底楽しむこと! 改めて思い出した夜だった。


ところで久しぶりに聴いたカバー曲を弾く倉本ベース、

ここまできたら、アメリカの方が仕事が沢山あると思いました。

皆さん、お疲れ様でした。


※ HP Live schedule のページに7月のLive予定をUPしました。

  → こ こ

Thanks!

日曜日は、Rixy Cups in 舘山。

梅雨時にもかかわらず、日中の日差しは強く、Tシャツ1枚でも暑いくらい。

海を眺める男達
道中 「海ほたる」 にて休憩。  photo by Yasuo

ウチの狭いクルマに楽器と5人のメンバーを詰め込んで、房総半島最南端まで。


到着するとイベントは既に始まっており、様々なバンド、楽団が次々登場。

あぁだこうだとあしているうちに我らRixy Cupsの出番だ。

怒涛のLive!
photo by Takachan

いくつかのアクシデントもあったが、Vo.Makiの物怖じせぬ頑張りもありLiveは成功。

客席には、老若男女様々な人たちが楽しんでおり、Rixy Cups のLiveにはピッタリの状況。

前から3列目くらいの老夫婦の方々、最初は口をポカ~ンと開けたままであったが、

終盤、ニコニコしながら手拍子をしてくださり、何とも楽しそう。

この日のLiveは、バンドにとっても収穫の多いものであった。


我々をゲストとして呼んでいただいた主催者の方々、お世話になったスタッフの人たち、

久しぶりに会えた友人達、初めてお会いした舘山のミュージシャンたち、

素敵な時間、演奏機会をどうもありがとうございました。

木更津から来てくれたSさん、大量のノンアルコール・ビールの差し入れ、ごっちゃんです。

そして、長く濃い一日をともにしたRivy Cups のメンバーたち、お疲れ様でした~。


メンバーが会場を後にしようと楽屋口を出るとき、スポンサー関係の方が、

「元気なキミ達にはこれをあげよう!」 と大量のバナナをくれた。

やっぱり俺のLiveにはバナナが付き物だな!


舘山の皆さん、また会いましょう!

Rixy Cups

昨夜は Rixy Cups のリハだった。 

このバンド、今とても良い感じなのだ ♪♪

photo by Maki(vo)

そして明後日6/10は、千葉県館山市の音楽イベント「Light Music Festival in AWA 2012」の

ゲストに、我ら Rixy Cups を呼んでいただきました。

詳しくはこちら。 → こ こ


Live はもちろんだが、約 1 年ぶりに舘山の友人達に会えるのがとても楽しみなのだ ♪♪

長い道のり

部屋にいるときは、出来るだけギターを触っていることにしている。

そうしたら、ここにきて、やっと左手の小指にしっかり力が入るようになってきた。

この歳でやっとのことだ。何て遅いんだ。気の長い話だ。

それに、あぁ、こういうことだったのか!という発見も、まだまだ無限のごとく多い。

なもので、最近は、いつも若者の気持ちでいる。


しかし、嗅覚のようなものは、歳相応に少しは身に付いているようで、

「今更、俺がそっちへ行っても意味ないだろ。」ということはハッキリ分かる。

惹かれないものには、微塵も惹かれず、時間を割く事さえ無意味に思えてしまう。

このときの態度だけを見たら、わがまま過ぎるオッさんそのものだ。


人気のあるもの、持てはされているものに誰もが憧れ、近付こうとする。

確かにそれらには、分かり易く、華やかさと安心をくれるという魅力があるからだが、

それらにない魅力の方に、俺は長年惹かれ続けてきた。自然な成り行きで。

魅力という言葉ほど曖昧なものはないが、俺にとっての魅力とは、

純度が高く嘘がないものだ。それらは不恰好でも涙が出るほど美しいのだ。


高性能の武器を揃えて勝利するのが戦争だが、

歌に必要なものは、パテで埋め隠した高性能な美しさではない。

穴ぼこだらけで欠点だらけだけど、ここに自分がいるという生々しい息づかいだ。

俺はまず、瞬間でそこへ行ける人になりたい。

そして最後に息づかいだけ歌える人になりたい。 そゆのあるかな?


シカゴまで乗せてんか。
(Chess Blues Masters series / Muddy Waters '72)2枚組みLP レコード。
初めて買ったMuddyのレコード。よく聴いた。
このデザインをそのまま店の看板にしていた友人がいた。
田舎の大学の近所にあったその店は、何故か今は宿舎になっているという。
看板は保存してあるのだろうか?



ビールはないけど

たまに食べるととても美味しい。

厚揚げ焼き&豆みょうサラダ
おろし生姜が決めてです。
豆みょうサラダは胡麻ドレッシングが合うぞ。

ま、これ、おかずっていうより、酒のお供ですけどね。

6月のLive

HP、Schedule のページに、6月のLive予定をUP!

寄って下さい! → こ こ



先日、古くからお世話になっている方から、メールにて頂いた言葉。


「 感謝を忘れず、悪いことを他人のせいにしない。

    いつも闘う相手は自分のみ、他人とは決して闘わない。」



本当、頭が下がる。これを読んだとき、年齢のせいか、とても共感してしまった。

「いつも闘う相手は自分のみ、」

まさにそのとおりなんだよなぁ。負けてきた相手は、いつも自分だった。


しかし、最後の 「他人とは決して闘わない。」 というところ、

自分からは闘いを挑みこそしないが、もし誰かに理不尽なことで喧嘩を売られたら、

多分、俺はチ~ン!とすぐに熱くなって、買ってしまうんだろうなぁ。。


俺もまだまだやな~。


レコード洗い

先日、どうしても久しぶりに聴きたいLPレコードを思い出し、引っ張り出した。

しかし、長年の放置状態により、盤はカビなどで汚れ、音も最悪。

そこで、Twitterで教えていただいた中性洗剤による水洗いに着手。

見事、驚くほどの復活を遂げたのであった。

そのレコードとはこれ♪
Two of us
『Dina Washington & Brook Benton / Two of us(’58)』
ソロありデュエットあり、二人の贅沢な歌声が楽しめるアルバム。
※画像はCDのもの。レコードには上部の「STEREO」の文字はありません。

それからというもの、すっかり味を占め、次から次へと古いレコードを出して来ては洗浄。
皿ちゃうで~

眠っていたレコードには 25~30年前のものが多く、愛聴盤などは、CDを買ったが、

そうでない大量の盤に関しては、久しぶりのご対面となる。

音楽とは不思議なもので、聴き出すと曲をちゃんと覚えているのだ。

時代背景が蘇り、懐かしさもあるが、音楽的には新しい発見の方が多いくらいだ。

こりゃ、しばらく新しい CD は買わなくても楽しく過ごせそうだな。

プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード