Rixy Cups Live!

さぁ、Rixy Cups の Live が始まるぞ。

明後日、8/31~10/17のJirokichiまで、計5回のLive!

まずは西荻窪のClop Clopだ。

8/31(金)

西荻窪 Clop Clop

<メンバー>
 Maki (Vo)
 古田光郷 (vo.g)
 神山庄太郎 (vo.g)
 吉田靖雄 (b)
 吉岡優三 (dr)


Open 19:00
start 20:00
Charge¥2,000-
2stage

新曲満載!楽しい曲がいっぱいです。

皆さん、宜しく~!





油蝉

深夜、裏の窓を開けたら、油蝉が部屋に入ってきた。

すぐにステレオアンプの下に潜り込んだので、そうっと覗き込んだら、

何もなかったように、オーディオ台足にしているブロック裏側にとまっていた。

背中を掴まえた途端 「ジュィ~~ン!」 と鳴き出し、

外に逃がすまで、一息もつかず鳴いた。

近所迷惑やろ! うるさいっちゅうの!


蝉を触ったのは何年ぶり?いや何十年振りやろ?

サルスベリ残暑な午後

上手いこといかん日もあらぁな。

でも、それを次の日にまで引きずるのはやめよ。

原因を突き詰めて、今後の対策を立てたら、それでその話は終わりや。

日付が替わって朝が来て、目を覚まし、新しい気分で元気を搾り出そう。


最近運動不足かな? 身体が鈍っちゃいかんぞ!ってことで、

昨日は、駅から猛暑日の炎天下の中を、30分くらいかけて徒歩帰宅。


ちょっとコースを変えただけで新しい発見があるもんだ。

何百合かな?
真っ白な百合の花。涼しげな気分になって立ち止まった。


紅色の絨毯
界隈には、進入してみたくなる地道が沢山ある。
右端に百日紅(サルスベリ)の木があり、読んで字の如く、紅色が路面を染めていた。
この画像では今一だが「ハッ!」とした美しさだった。


宅に到着する頃にはちょっと頭痛、暑さのせいかボ~ッとしてしまいました。

やっぱり鈍ってるかも。



ゴーヤ

毎日ゴーヤばかり食べてます。

主にお浸しが多いのですが、チャンプルーも時々作ります。

今日は、スパゲッティー(和風~)に挑戦する予定。


そして今夜は Rixy Cups のリハ。

また新しい曲をやるぞ。 今日持ち込むのは、古田sing用。

Live も近い(8/31 Clop Clop)、さぁ、頑張ろう。

Do the Reggae

まだまだ暑い日が続いている。ここ2~3日は蒸し暑いのでストレスが溜まり気味。

夕方前は、カーテンを閉めても日差しが強力なので、ベランダ、窓近辺に、

大きなタオルを干したりしながら遮光。それだけで少しは部屋の温度も変わる。


数ヶ月前からLPレコードをよく聴くようになったが、世がこぞってCDに変換した時代、

その頃買ったまま、あまり聴いていなかったレゲェのレコードを、最近は頻繁に聴いている。

マーシャ~!
(Marcha Griffith / Dreamland)
※Bob Marley&Wailers のコーラス隊 I threes の一員、向かって一番右側に立っている人。

レコードの音に合わせて、俺もギターのカッティングで参加。

レコードのギターの音と重なり、自分の音しか聴こえなくなる(自慢か?)。

弾くのを止めると、レコードからはハッキリとギターの音がして、

「俺、このバンドで演奏出来るな。」などと夢想。。あっという間に片面が終了。


四分音符の裏、ジャストの位置にアクセントを入れるのがレゲェのギターと思っている人は

多いけど、そこまでだと、その曲は「レゲェ風味の曲」止まりです。

スピード感、Groove、実は驚くくらい多種多様に存在していて、手段も多様なのだ。

ギター・カッティングは、強さと長さ、Keep力がスピード感を生み出します♪


さて、Blog UP!したら、またギター弾こうぅっと。

お盆の夜中

昨夜は、若い友人達のLiveを聴きにジロキチに行ってきた。

終演後、馬鹿話に花が咲き、そのまま優三と安永を連れて帰った。

安永がウチに来るのは5年以上ぶり。

パスタを作ったり、ピザを焼いたりして、朝方まで楽しい時間を過ごした。

最近Live頻度の少ない安永に、はっぱをかけるかの如く熱く語る優三。

様々な事情は誰にもあれど、音楽活動を継続するには、何よりも情熱が必要不可欠。

若い二人の会話を聞きながら、そんなことを再確認した夜であった。


まだまだ猛暑は続きます。

オリンピック番組

ロンドン・オリンピックが閉会した。

明るいニュースがなかった昨今、この期間だけは選手達の真剣勝負に高揚させられた。

しかし、TVの番組構成やアナウンサーのMCが、視聴者を、とにかく感動へ向かって誘導している

ように思えて、途中から背中あたりがむず痒くなった。

感動の形まで押し付けられているような気配がすると、俺は興醒め、咄嗟に引いてしまう。

スポーツは、より高い結果を求める真剣勝負であり、結果は蓋を開けてみるまで判らない。

一流の人間が、己を極め、命がけで勝負しているからこそ、その姿勢に感動するのだ。

だから、番組を報道する側には、せめて、観ている個人が、自由に感じられる隙間を

残しておいて欲しいのだ。ありのままを鮮明に伝えてくれればそれで良いのだ。


と、NHKでずっと流れている今大会のテーマ・ソング、聞けば聴くほどに歌詞が安直過ぎて

俺にはどうもあきまへん。 途中から「もう勘弁してくれ~」と思った。


俺、やっぱ、ひねくれてんのかな~?

高円寺な夜

昨夜は高円寺で、Rixy Cupsの YYリズムコンビと3人でリハーサル。

手付かず書き下ろし曲群が沢山溜まったので、色々と試した濃縮時間。

俺の説明不足な新曲に、真剣そのもの、真っ向から挑んでくる2人。

スッカスカの骨っぽい演奏が、かえって歌の生々しさと合い、

「俺、今、歌ってる。」と強く実感したり。

ここ数年歌ってなかったようなタイプの曲もいい感じで出来てとても新鮮だった。

近いうちにどこかのLiveでやりたいと画策してます。


終了後、その足で「A」がLiveをやっている沖縄料理屋「抱瓶」へ。

演奏は終盤しか聴けなかったけど、久しぶりの友人達に会えて嬉しかった。


未明、なでしこジャパンの決勝戦を観戦。

もう少しのところまで追い詰めていたんだけどなぁ。運もなかった。

ところで、U23男子チームより強さを感じるのは俺だけだろうか?

お疲れ様でした~。

木陰にて

大きな木が風で揺れていたので、しばらく眺めていた。

夏空

木陰にいると、風が少し吹いただけでも心地良い。

緑の多いところに旅行に行きたいなぁと思った。

CDプレイヤー

先日からCDプレイヤーの調子が悪かった (音止まり、飛び) ので、

以前から時々使っていた、市販のレンズ・クリーナーで掃除。

しかし、しばらくすると、また同じ現象に。「何でやろなぁ?」と、

購入の際お世話になった Y くんに電話して、アドバイスを受けた。

それは、何のことはない、カバーを外して、普通の綿棒で直にレンズを拭くだけというもの。

早速言われたとおり拭いてみたら、不具合は解消。今のところ好調なCDプレイヤー。


機会いじりとか大工仕事が苦手な俺。

人に聞くまでもない作業だったんすね。

でも、組み立て終わってみると、何故かネジが1本転がっていたのです。

ドライバー片手に、カバーを再度開けながら一人苦笑い。

「やっぱり俺は古田なんだなぁ。。」

R&Rの神様が

真夏のLive!  リハーサルの時間から汗をいっぱいかいた。


僕らの前に出たバンドのギターの人は奈良県出身。

終演後、「僕も同じ関西出身です。」と話しかけて来てくれました。

彼は、東京にクルマで出てきて、最初の二ヶ月間はクルマの中で過ごしたらしい。

いろんな人が夢や何かに衝き動かされて、偶然こうして音楽の場で出遭う。

人だらけの大都会、ここに一番沢山あるものとは出会いやろなと思う。


そして僕らのLive、熱があり、生々しさが溢れていて楽しかった。

今回、このバンドに、R&Rのヤンチャな神様が初めて顔を出した。

書き下ろした新曲「Soul town」もリハから回を重ねる毎に良くなり、

本番では、歌にのめり込めるくらいの雰囲気になっていてGooood!

次回のLiveは未定ですが、新曲をまた増やして是非やりたいぞ。

お疲れ様~!
古田、藤倉、靖雄、優三 / こうして見ると、皆「変」な人たちに見えます(笑

入魂の演奏をありがとう。 お疲れ様でした~!
プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード