晴れたら空に豆まいて

月明け、週明けのLiveです。

10/1(月)

Oh! My Soul vol.4

代官山 「 晴れたら空に豆まいて 」 "はためく画布"

古田光郷 vo.g
金井貴弥 vo.g
吉田靖雄 b
大西英雄 dr


18:30 open
19:00 start
charge ¥2,000(前) ¥2,500(当)

< 共演 >
Tei
Lengyo

※ 僕らの出順は最後の3番目、21時~ の予定です。

初めて出演するお店。入魂で行くぜぃ!

横浜近辺の方も是非ご来場下さい。

お笑いトリオじゃねぇぞ。
ヤ~! 待ってるよ~!


★ Fulta HP schedule のページ に10月の Live 予定を UP しました ★

ありがとう!

昨夜は、荻窪 Rooste NorthSide にて Rixy Cups の Live だった。

この日は、演奏全体に伸びやかさがあり、メンバー全員、良い緊張感の中にも

終始リラックスした雰囲気が流れ、とても楽しい時間が共有出来た。

こういう Live の日って、お客さんも実に楽しそうな顔をして聴いてくれるんよね。

終盤、Maki(vo)が、得意のヤンキーネタ?で、やや暴走しそうになったので、

急遽、俺の独断で曲順を変更したりしたが、結果、良い流れでメリハリがついた。

アンコールでは、対バンSouloveのパーカッションを無理矢理呼び出し引き込んだ。

熱いご機嫌なコンガ、丸山真弘maruyaMAXくん、素敵でした。ありがとう!


夏以降、新曲を増やし、月一のLiveを企てたことが、よりバンドの結束を強め、

ここに来て、Rixy のNew styleが少し見えてきた感がある。

リハーサルも含め、やった回数分だけ、しっかり収穫があるような気がする。

正直者で音楽に純粋なメンバーが集まったバンド Rixy Cups、この調子で10月に突入、

関西ツアー、帰ってJirokichiと、このまま一気に今年の秋を走りぬけたいものだ。

カラダの一部
リハが終了しても、ずっとベースを離さない靖雄。
最初は座って弾いていたが、おもむろに立ち上がり、
店内壁に貼ってあるプログラムなどを読みながらのベース、ベース。。
もう、ここまできたらカラダの一部やね。He is Bassman.


そして、この日は、俺の55回目の誕生日。

Live終了後、残ったお客さん、出演者全員で温かく祝ってくれた。

ケーキを用意したり、いつも細かい気配りをしてくれるSさん、

本当、言葉では簡単に言い表せないくらい感謝しています。

久しぶりに来てくれた友人は、前より女っぽさが加点。元気そうで良かった。


そして、靖雄と優三は、一緒にコージーコーナーまで行ってシュークリームを俺に。

これがケーキではない、というところが泣かせるね。 ほんま、ありがとう!

二人はこの日も入魂の演奏! お疲れ様でした。

そしてそして、So Thanks! Rooster Northside Mr. Abe

これ、ほんの一部です。
俺が酒を呑まないことを皆は知っているので、
和洋お菓子と、高級バナナを沢山頂きました。Thanks!


最後に、この日いなかった僕の周りの皆さんも含めて、

これからもどうぞよろしくお願いします。


古田より 愛と感謝の気持ちを込めて。

ネッシー

藤田祭りの翌日夕方、倉本家から電話「ネッシーがおるのだが来ないか?」とお誘い。

俺は、丁度、ちびまるこちゃんを見終わる頃だったので出かけた。

聞くと、高円寺から朝方倉本宅に帰り、仮眠してまた呑み出したらしい。

つまり、ネッシーはまだ帰宅していないということらしい。

到着した頃には、ネッシーは呑みくたびれており、横になってを繰り返していた。

しかし、これだけ呑んでも、誰もプッツンしてないところが大人になったということか?


一方、倉本はLPレコードにはまっており、「これエエやろ~」を繰り返し、自宅DJ状態だ。

今年に入ってから、ウチの押入れの奥まで探していた数枚の不明レコード、

何とここに全部あるではないか!十年くらい前に貸したままだったのを忘れていたのだ。

しかし、相当気に入っていて、どうしてもまだ返したくないと言い張るものが数枚。

大事に聴いてくれるならええやろと、新しく持って来たのと一緒にそのまま置いてきた。

しかし、俺から言い出さなければ、全てをそのままにしようとしていたな節がある。

危ない、危ない。


23時頃になり、益々ネッシーの顔色が悪くなってきたので自宅まで送った。

クルマから降りるとき「ちょっと待ってて?渡したいもんがあるんや」と言うので、

「何やろ?」とワクワク待ってたら、大きな菓子折りを持って再登場。

「これ、ほんの気持ちです」と渡された。

どんな気持ちや?いきなり敬語かよ。 やっぱり読めない奴だ。


「一緒にバンドやらんか?」と京都北白川のカラフネ屋コーヒー店で声をかけてもうすぐ30年。

一緒に上京して25年。その間には、ほとんど会う事のない年もあった。

帰宅後、「月日の経つのは早いもんだなぁ~。。」とか思いながら、

新宿中村屋のパイ皮まんじゅうかぼちゃあんを夜中に食べる古田であった。

ネス湖のネッシー

最後に、明日あるLiveのご案内を!

9/27 (木)

荻窪 Rooster Northside

< Rixy Cups > 

<メンバー>

Maki(vo)
古田光郷(vo.g)
神山庄太郎(vo.g)
吉田靖雄(b)
吉岡優三(dr)

open 19:00~
start 20:00~
charge¥2,000-

<共演> Suolove (女性2人男性1人vo.の都会派Soul band)

※ Rixy Cups は後出です。21時くらいから~。


よぉ~し!!Groooove するぞ~!

皆さん、お待ちしています!

F's Night 無事終了

毎年恒例の藤田祭りに今年も呼んでいただき、盛況の中、無事終了した。

俺たち去年と同じメンバー(古田vo.g、屋宜g、倉本b、ネッシーdr)は、

昨年と内容をガラリと変えて、今年は Reggae music を。


先日丁度、映画「Bob Marley / Roots of legend」を観てきたところ

(これはオモロイ!) ということもあり、俺のテンションは一気に上がった。

One&Only

演奏曲は次のとおり。

1. Pressure drop
2. Beat train
3. Soul town
4. Turn your light down low
5. Is this love
6. The Harder they come

( 1.はToots&The Maytals、2.3.は俺の新旧original曲、4.5.はBob Marley&The Wailers、
6.はJimmy Cliffの曲だ。)

入念に出来た。
リハーサル風景。

満席~!
そして入魂の本番。

面白いもので、回数を重ねれば重ねるほどに、演奏の良さが顕著に現れ、

Beatにゆとりと勢いが現れてくる。

もちろん、これは俺的に、予想通りの展開だが、曲に慣れ出したメンバーが、

自主的にコーラス参加し出すという雰囲気がとても良かった。


他の出演者も、それぞれ個性的で面白く、来てくれたお客さんには、

十分楽しんでもらえたのではないかと思う。

皆さん、どうもありがとう!そして、出演者の皆、主催者の藤田さん、

今年もお疲れ様でした~!


そして、小雨そぼ降る高円寺は、黄金の深夜帯に突入。。

明け方過ぎまで宴たけなわ状態が続いたことは言うまでもない。

Blue Beatが好き

ここ数日、何だか眠れない。1時間少しで目が開いてしまうときもある。

「爺ちゃんだからでしょ?」とかみさんは言うが、ワシャまだ年寄りじゃないがのぅ。。

脳に幕張り感があり(こんな言葉あるのか?)、身体は睡眠を欲しているのだがね。

そんな時間を利用して歌詞を考えたりするのだが、幕張状態では、到底はかどらない。

目を閉じて横になり、明日歌う曲の歌詞を、もう一度反芻してみるとしよう。


先日、明日のためのリハをやった。

一年ぶりに集うメンバー。ついこの間会ったばっかりみたいな友人達。

倉本君は、楽器を背たろい自転車の乗り、3人のために大きな梨を持って来てくれた。

奥さんの実家から送られたものらしい。甘くて美味しかったです。

屋宜くんは Muddy Live @ Chicago /The Rolling Stones(81')のDVDを。

そして、ネッシーは、笑い話を沢山持って来てくれた。

みんな、どうもありがとう。


蒸し暑い夜だったので歌うとすぐに汗をかいた。

おまけにスタジオ内で喫煙しよるもんだから、湿ったシャツが匂いを吸い込んだ。

帰りの電車内では、汗と煙のブレンド臭が自分でも気になった。

隣に座っていたお嬢さん、どうもごめんなさい。

それはともかく、明日のLiveが楽しみだ。こちらは音楽の匂いを皆さんに。是非!是非!


最近のヘヴィー・ローテ♪

2枚組み50曲収録
昨年リリースされたシリーズらしいのだが、これはスカ誕生前夜といった内容。
NewOrleans の古いジャンプナンバーっぽい曲が多い。
例の、四分音符の裏を強調するBeatは、まだ確立されてはいない。
しかし、その曖昧さ加減と独特のスピード感が堪りません。全曲3コードだよ。


今日は、亡き母の誕生日。生きていたら丁度80才。

あとで、父に電話するとしよう。

今週末のイベント

今週末は、毎年恒例のイベントです。

F's Night vol,6

9/22 (土)

高円寺 Show Boat

< 出 演 >

古田光郷(vo,g)
屋宜昌登(g)
倉本巳典(b)
ネッシー木村(ds)

橋本じゅん(g)
湊雅史(ds)

トヤエリ&チカチカバンド
井上大地(g)
戸谷江里(vo)
ハマノヒロチカ(key
ジュンク池袋(b)
澤田聡(ds)

momo☆can

以上 4 バンド

18:30 open
19:00 start

Chrage ¥2,500(前) ¥2,800(当)

独特の at Home な雰囲気の恒例のLive festa! 楽しいよ! 

昨年、一昨年、俺たちが演奏したのは Soul music!

そして今年は、遂に Reggae music だ~♪♪


皆さん、お気軽にご来場下さい。

呑まねば日長な高円寺

ペンギンハウスに足を運んでくれた皆さん、ありがとう!


この日は、当日午後から某スタジオに集まり、新曲にトライ。

頭がまだ起きていないのか、歌詞が出て来なくて終始俺はかみまくり。

そしてそのままメンバー一同店に移動。セッティングを済ませまたリハーサル。
 

そして本番までの3時間あまりを潰そうと、対バンドの人たちの演奏をしばらく聴いたり、

(これがなかなか、新しい発見があったりするので面白い。そうでないときもあります。)

そして、一人でコーヒー飲みに出かけ、Jirokichiを覗いたり。。 


この日もまだまだ残暑厳しく、日が暮れても蒸し暑くて、移動するだけで汗ばんだ。

この段階で、おじさんはやはり疲れを感じていたのだが、不思議なもので、本番になると、

お目目パッチリ!スコ~ン!と何かが抜けた感じに。そう、冴えているのだ。

メンバーの演奏も、嬉しくなるくらいビシバシ!きて、リハと音の張りが違う。

リハよりも本番。前回よりも今回。今回よりも次回に期待が持てるこの4人。

これが続く限りは、そりゃ、余計なこと考えないで、あんた、やるしかないでしょ!


次回の Oh! my soul Live は、10/1、代官山晴れたら空に豆まいてにて。俺は初出演。


Liveでは、最少限のエフェクターを使う古田。お見かけ通り、メカにうといのであります。

しかし、たまには、今後のLiveに向けて、色々と考えてみたりするわけです。

歪み系はなし。
最近は、無意識のうちに、いかにして軽量セットに絞り込もうか?
などと考えてしまいます。 いかんね~。 もっと汗かいて働くんだ古田~!

今週末のLive!

9/13 (木)

高円寺 ペンギンハウス

Oh! My Soul vol,3

古田光郷 (vo,g)
金井貴弥 (vo.g)
吉田靖雄 (b)
大西英雄 (dr)


7月にこのメンバーで初めて音を出したら So Gooood!!

しかるに大好評! 本人たちも大興奮につき、再度ペンギンハウスでのLiveが決定!

今回は、新曲も交えて ドド~ン! と Drive するぞ!。


僕らの出演時間は 21:10 からの予定。

Charge ¥1,800-

皆さん、お待ちしています。

Otis Redding

他界してしまった人のことを 「もし今、生きていれば。。」 と想いをめぐらせても、

何も状況は変わらないのだが、どうしても考えてしまうこともある。


昨日、9/8は Otis Redding の誕生日だった。

Great soul singer

生きていれば71才らしい。

まだまだ歌えるやん。


俺は Otis の2倍以上生きている。

今までいったい何やってきたんやろ。


魂込めて生きなきゃ。

歌えば元気

物事が停滞し、先が見えていない状況をよく 「煮詰まる」 というが、

ここ数日、正にそんな日が続いてしまい 「こりゃいかんな」 と気分転換を。。

俺の場合、凹んだら、どんな贅沢をするよりも、集中して歌うことらしい。

我ながら単純だと思うけど、どんどん次(のメロディーや場面)が見えてきて止まらないのだ。

今夜は部屋で、ギターを弾きながら、最近創った新しいめの曲をなぞる。

何度もメロディーをなぞる。そしてそれがある瞬間、滑らかにスライドする感覚になる。

生活する上で当たり前に必要なことをしょっちゅう忘れると、よくカミさんに言われるが、

何故か、歌のこの感覚だけは絶対に忘れない俺。 ほんま勝手なもんす。

歌うこと以外、何の取り得も財産もない男、古田。これじゃどうしようもねぇな。


残された人生の中で、真剣に歌える時間、  大切にしてゆきたい。

Reggae got soul !
Toots & the Maytals
「歌う」というkey word で咄嗟にこの人を連想した。
それにしても、この人、歌は最強だが、衣装はいつも微妙。。
実は、そゆとこも好きなんだけど ♪♪

Newsから思うこと

涼しくなってきた。やっと夏も終わりだ。


TV Newsでは、民主、自民、各党が、党首選びにやっきになっている。

次回、総選挙があると、自民党が政権を奪還する公算が大きいらしい。

「民主党素人政権が勝手にこけてくれたわい。久しぶりに陽の目を見れるぜぃ」てなもんだ。

そして、自民党党首になるイコール次期総理大臣になる可能性が大ということ。

そりゃぁ、力も入るってもんだ。

しかし、こいつら、野党に甘んじたこの3年間、ほんまに国民のことを考えていたのか?

TVの画面に、ど厚かましい政治家達の顔が映し出されると、そうは思えないんだなぁ。

派閥拡大抗争、出世争いに明け暮れていた国民そっちのけ自民党長期政権時代、

そんな奴らのイメージがすぐに脳裏に蘇る。


すべての政治家先生に心からお願いしたい。

政党、党首なんてどこでも良いから、一刻も早く、寝る間を惜しんで、

被災地の復興に尽力して下さい。


今日はこれにて。

Suchedule up!

お待たせしました。

Scheduleのページに、9月~10/1 の Live 予定を UP しました。

Check よろしく!   こ こ

そして9月

9月に入り、久しぶりに雨が降った。少し涼しくなってくれると嬉しい。


週末の Rixy Cups の Live は楽しかった。

新曲が一気に増えたたのでメンバーは大変だったが、発見も沢山あって良かった。

こじんまりと纏めるような曲は作ってないので、元気なまま音の塊になりたい。

Live at Clop Clop

来てくれた皆さん、どうもありがとうございました。

次回、Rixy CupsのLiveは9/27(木)Rooster Northsideです。


このまま10月の関西ツアー、そして10/17のJirokichiまで疾走するぞぅ!


この日は、翌日千葉に用がある実弟が駆けつけてくれた。

俺の都内でのLiveを聴くのは初めて。後半は立ち上がりフラフラと踊っていた。

「いや~、楽しいわ!」とか言いながら、生ビールを4杯呑んで芋焼酎も1本丸々空けていた。

いつの間にこんな大酒飲みになっていたのだ。驚いた俺であったが、ま、元気でよろしい。


部屋に帰ったら、レイ太が、弟を俺と間違えたのか、普通に出てきたのだが、

兄弟二人を見比べると、一瞬目を剥いて固まり、一気に逃げ出したのが可笑しかった。

一緒に帰って来た優三は、最後、かみさんに納豆オムレツを作ってもらい、

翌日のパワーを付けて帰った。


皆さん、お疲れ様でした!
プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード