1/4世紀

昨日は自分にとって、非常に嬉しいことがあった日だった。

敬愛してやまなかった人と、20数年ぶりに、電話だったけど話をすることが出来た。


来年は楽しい年になったらエエな。


寝る前、久しぶりに、Peter Wolf の「Sleepless」を聴いた。

枯れない男

Hendrix's blues

最近、いろんなこと(周りの煩わしいことなど)が、以前に比べて

取るに足らない小さなことのように思えてきた。

この心境の変化の理由は不明なのだけれど、これってイイ傾向だなと自分では思う。

前に進もうとする自分、それを邪魔している奴がいるとしたら、

それは、自分以外の何者でもないからね。

とは言え、元気付けてくれたり、猿のようなこんな男を煽ててくれるのは周りの人たちだ。

例え、言葉で何か言われなくても、その人の頑張っている姿を見るだけで、俺も勇気をもらう。

いつも思うことだが、周りの人たちへの感謝の気持ちを、決して忘れたらあかんな。


これ♪ 時々思い出したように引っ張り出して聴きます。

これ聴かんと!
(Blues / Jimmy Hendlix)
エクスペリエンス時代から晩年までのスタジオテイク、ライブ音源を全11曲収録。
全曲Bluesのアルバム。72分以上ジミのブルーズを堪能出来る。
でも、最後の曲が終わると「え?もうそんなに時間経った?」って短く感じる。
そして毎回聴く度に新しい発見があり、改めて表現力の奥の深さに感心させられる。
オリジナル・アルバムも素晴らしいけど、機会があればこれも是非聴いてみて下さい。

もうすぐ11月。 

芸術の秋深し。引き続き曲作りを続行~。

ペンギンな夜

演奏終了時、階段側の壁に掛けてある時計に目をやると11時を指していた。

予定通り9:20頃には開始したので、約100分間のShowだったことになる。

9月に「古田君、10月は長めにやってくれよ。」とペンマスに言われた。

最後まで聴いてくれた人たちに感謝だ。ありがとう。

Live@Penguin House

この店に出演するときは、大概2つ~3つのバンド(シンガー)と一緒だ。

他の出演者を目当てで来たお客さん、出演者の方々、皆、俺たちを聴いてくれる。

そのまま席を立たず、楽しそうに声援を送ってくれる。 嬉しいね。

これは、店の歴史、雰囲気、ペンマスの人柄が関係しているのかもしれない。温かい。

俺も思わず、すぐ近所にある「楽や」で働いていた時代の赤裸々な話までしてしまう。

そこにペンマスが「この間、久しぶりに行ってきたぞ」と突っ込みを入れる。

まぁ、許してくれたまえ池田くん。人に歴史あり。楽しくやりましょう。


長時間演奏したときにだけしか気付かないこと、それが見え隠れした夜。

今後に生かしていきたい。


そして、出演者の皆さん、スタッフの方々、楽しい夜をありがとう、お疲れ様でした。

Move!

仮眠から起床。

熱いコーヒーがすぐ冷める。

今年の秋は短そうだな。


俺のやることは決まっている。

迷っている時間がもったいない。

さぁ、行くぞ。


おす!では、今夜も歌って来ます。

皆さん、あとで会いましょう!

今週のLive!

今週末のLive告知です。

10/25 (木)

高円寺 ペンギン・ハウス

古田光郷 (vo.g) group

藤倉嗣久 (vo,g)
吉田靖雄 (b)
吉岡優三 (ds)


19:00 start
charge ¥1800 + order

< 共演 > 
・DBS3
・曽我愛子トリオ

※ 僕たちの出順は最後、21:20開始の予定。

既にバンド状態のこのメンバー。

一度音を出すと、絶対熱くなるサウンド。白熱必至!

今回は1ステージですが、ゆったりコッテリ、長い目のLiveを用意しています。

皆さん、是非ご来場下さい!

気持ちを新たに

先日Jirokichiに足を運んでくれた皆さん、ありがとうございました。

バンド初出演の緊張感と、各位個人的Home感の入り混じった独特の空気感の中でのLive。

メンバー、そしてお店のスタッフ方々、お疲れ様でした。


関西への演奏旅行~そしてご当地高円寺のJirokichi~。

短期間に同じ仲間で、同じような曲を演奏することは、大変意味があり、

今更ながら、まるで同じ演奏がないLiveの面白さに遣り甲斐を感じ入る次第です。


この夏、短期間に新曲を量産し、皆で根気良く育てて、半数以上をLiveで演奏。

毎回、どんどん曲が育つのが手に取るように分かるわけですが、

今回の連続パフォーマンスを終え、「このバンドにはこんな曲がもっと合うぞ!」

という発見(新しいアイデア)があったり「こいつ、ここのスキルをもちっと上げてくれんかな?」

という、先輩面した想いがあり~ので、粘り強いバンドになれる可能性を感じた古田は、

無理もあったけど、皆で頑張って、10月の3本のLiveをやって良かったなぁ~と

今は思うわけであります。


Rixy Cups、今年のLiveは、残念ながら10月でお仕舞いですが、

来年は早々に、1/11、荻窪Rooster NorthSideにて新春Liveが決定しています。

一呼吸置いて、新たな出発が出来るぞと、今から楽しみにしている私です。

靖雄、アー写でピースサイン
演奏終了後、磔磔楽屋にて。         photo by Wakamatsu


バンド活動を始めてから30と余年。

今も昔も、Liveに来てくれた人から 「いいバンドだね。」 という言葉を頂くことに

何よりも至福の悦びを感じ、それだけあれば何も要んわ!と本気で思うアホな男。

このまま加速し続けるしかないでしょう。


そんなわけで GoGo!55才!古田、皆さん、これからもよろしくです!

写真を数枚

ツアー中、とにかく雨が降らなくて良かった。

もしかしてメンバーの中に晴れ男がいるのかもな。


では、現時点で入手出来た写真を数枚どうぞ。

幼なじみだぜぃ
クンちゃんとの2ショット。ありそうでないかも。@磔磔

Star time!Show time!
Maki参上~!これ、着物を着てたら演歌のキメポーズと言えなくもない。

終演後楽屋にて
一日目磔磔終了♪ 放心~。        photo by Wakamatsu




こちらは、二日目のお店「Caf'bar 楽 」の入り口貼りのLive info
これぞ秋のLive。
画像右下には栗が写っている。庭に栗の木があり沢山落ちていた。

Live翌日、美味しいコーヒーをいただき、クルマに乗り込む前にマスター夫妻と。
お世話になりました~。
ママさん、お茶目。本当に素敵な方です。
右端は「松吉&ブライアン」のまっちゃん(g)
ところで、ジミヘンの頬が膨らんで見えるのは気のせいかな?

前日の「楽」でのLive報告(ゲスト松井くんとの演奏風景など)は、
まっちゃんのBlog でもUPされています。
そちらも覗いて下さい。


さぁ、明日はJirokichiだ~!

そしてJirokichiへ

昨夜、Rixy Cups 関西ミニツアーより帰宅。

今回の旅は、Rixy Cups にとって初めての演奏旅行であり、

バンドにとって実りの多い旅でした。

来てくれたお客さんたち、お世話になった方々、ありがとうございました。

そして強行軍の中、タフに運転してくれたF氏、本当、心より感謝します。

(ツアーの photo、後記は、後日また)

今回の相方
今回の旅の俺の相方。こちらも新しい発見だらけであった。
(Fender custom shop Master gread series / Stratocaster'61)


そして明後日は都内でのLiveだ!

ツアーで得た勢いそのままの Rixy Cups を是非楽しみに来て下さい!

☆ Rixy Cups ☆

10/17(水)

高円寺 JIROKICHI

Maki(Vo)
古田光郷(vo.g)
神山庄太郎(vo.g)
吉田靖雄(b)
吉岡優三(dr)


18:30 open
19:30 start
Charge ¥2,500-

この日は、ある意味ツアーファイナル。

お待ちしています!

プルコギパワーだ。

今日は京都へ向かう日、天気は良さそうだ。

俺はといえば、馬鹿みたいに早い時間に目が醒めてしまった。

別にはしゃいでいるわけじゃない。例の短睡眠時間症候群みたいなもんだ。

そのうちそれも落ち着くだろう。


1年を通して、10月の前半という季節は一番好きだ。

空気が張り詰めて、脳内が浄化されるというか、落ち着くんだな。

素敵な季節、沢山曲を書きたいもんだ。


昨夜、Powerを付けねばと、高円寺の韓国料理屋で食事をした。

サムゲタン、プルコギなどなど。パンチが効いていて旨かった。

にんにくが丸ごと感覚で入っていたが躊躇せず食べた。

なんせ、目的はPowerの補充やからね~。

しかし、そのせいで、今日はみんなから距離をおかれるかも知れない。

まずは京都に向かう車中のメンバーだな。マスク着けるけどね。

Rixy Cups 初関西ツアー。ご機嫌な Music を積んで出発だ~!


では、皆さん、行って来ま~す。

関西の皆さん、磔磔 で会いましょう!

そしてTour

さ~て、今週末は、Rixy Cups が関西に初お目見えします。

☆ Rixy Cups 関西"Mini"Tour ☆

10/12 (金)

京都 磔 磔


<メンバー>
Maki(Vo)
古田光郷(vo.g)
神山庄太郎(vo.g)
吉田靖雄(b)
吉岡優三(dr)

<ゲスト>
植田國治 (per)


open 18:00~
start 19:00~
2stage
charge¥2,000(前)-¥2,500(当)
※メール予約あり。


10/13(土)

三重県亀山市関町 Cafe'&Bar 楽


<ゲスト>
松井宏 (vo.harp from Bon Temps Roule )
植田國治 (per)


<共演> 松吉&ブライアン

open 19:00~
start 20:00~
charge¥2,000-

10/17(水)高円寺Jirokichiまで気合を入れて走りぬけるんだ~!

皆さん、よろしく~!

大丈夫かな?

最近睡眠不足だ。

忙しいから寝る時間がないのではなく、寝ても 2~3 時間で目が醒めるのだ。

そして引き続き眠ろうと、目を瞑っているのだが、やはりそのまま眠れない。

そしてそのまましごく普通の目覚めの感覚で起き上がる。

が、その数時間後には、当然ツケは回ってきて、睡魔がやってくる。

こんな日常の中にいると、気持ちにゆとりがなくなるので良くないわな。

年齢的にも、自身の大概ことは分かっているつもりだが、

こいつだけは上手くコントロール出来ないでいる。


寝酒でも呑んだらエエんかもなぁ。

とりあえず、あまり気にせんとこ。


昨夜は、Rixy Cups のリハだった。

演奏回数を重ねるほどに、成果が目に見えて上がるので、とても遣り甲斐がある。 

Rixy Cups、とても楽しいよ。

そして10月

久しぶりに代官山に行った。

晴れ空~はとても雰囲気が良く、設備もしっかりしたお店だった。

この日足を運んでくれた人たち、どうもありがとうございました。

ウッディーなんよ。
リハーサル開始直前。新しいお店でフローリングのステージは珍しいかも。

変な二人
帰路につく怪しい男二人。大西くんと。

この後、乗り換えるぞ新宿駅では「異音があったため30分の遅れが~」で電車が来ず、

駅のホームは人がこぼれんばかりの状況で大変なことに。

こういうとき我々楽器を持ちながら移動するミュージシャンは、やや肩身が狭い。

やっと電車が到着し「さぁ、乗るぞ~!!」と突撃状態で臨んだが、タカは乗車を断念。

仕方なく、ここで「今日はお疲れ様でした~」なのであった。

この日は、タカがバースデイ・プレゼントをくれた。まったく予想外だったので少し照れてしまう俺。

いや~、ありがとう!


さぁ、10月だ。今月は Rixy Cups で関西にも行くし、気合入れなきゃ。
プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード