Keep on groovin'

金曜日、BOUND Live@磔磔に来てくれた方々、どうもありがとうございました。

再結成から3回目のLive、バンドの音もかなりDriveしてきたように感じました。

そんなゴキゲンな演奏に背中を押されて、久しぶりにステージから客席通路に大ジャンプしたら、

それだけで息が苦しくなり、いやはや自分で笑ってしまいました。 


今回のLiveでは、新たに「凍えるおまえに」やレアな「Imagination」などを混ぜ込み、

レンジの広い曲たちを並べてみました。

何はともあれ、皆さんのお陰で、楽しいLiveを成功させることが出来たことに心から感謝します。



友人の太田さんから送っていただいた、Live写真を数枚UPします。

We are Bound
昨年12/7、再結成Live以来の磔磔です。


Everybody ! Clop your hand.
オ~イ!みんな、今夜は楽しくやろうぜぃ!


Hey! Brother.
よし、高木~!俺らも踊ろうか?


Let's dance.
Hey! Let's dance!


Keep on Rocki'n !!
新生 Bound の、新しい旅は未だ始まったばかり。 Keep on Rocki'n !!


次回のBound Live は9/14(日、祝前)@磔磔。

いよいよ、新生Bound書き下ろし曲を皆に聴いてもらえる予定です。


どうぞお楽しみに~!

よ~し!いくぞ。

梅雨だけど、雨が降らない日が何日か続いてます。

でも、夜はジメ~ッと蒸し暑い日もあり、真夏スタイルで寝ることも。


地球の裏側で開催されているサッカーW杯、リアルタイムで観戦するとどうしても真夜中~早朝。

しかし、こんなことを続けていたら、毎朝出かける俺は大変なことになるので、

心を鬼にして、気持ちをワザとW杯から逸らしてます。



さ~て、明日、6/20 は BOUND のLive! @ 京都 磔磔!


俺にとっては、毎回のLiveが、サッカー選手にとってのW杯と同じくらい大事なわけで、

心を躍動させ、歌い、ビートを弾く、一音一音が、正真正銘の生きている証。

大袈裟なようで、実にクッサ~い言い方なのですが、これ、本気なんです。


神様と両親からいただいた大事な命、

この命がここまで元気に来れていること、

こうして好きなことを続けられていること、

そんな感謝の気持ちを、周りの大切な人、仲間や友人、

そして天国にいる両親に、音楽で伝えたい。


そして、これから初めて会う人たちには、

日本の京都に、こんな音楽があって、こんな楽しい世界もあるんだよー!と伝え続けたい。



明日、磔磔で待ってます。

BOUND on Vocal&Guitar  古田光郷

Keep on singin'

戦いは続くのだ

残念ながら日本は、初戦相手のコートジボアールに負けちゃった。悔しいね。

TVやネットでは、まるで日本のW杯が、もう終わってしまったような報道ぶり。

確かにリーグ戦初戦敗退チームの、決勝トーナメントへの進出率は、僅か8.9%らしいけど、

結果ばかりを求めている自分(国民)達に、何だかつまらなさを感じることがある。

やっぱり、内容、一流レベルのサッカーのを楽しみたいもんね。


だから選手達には、残っている試合(数は未定ですが)、伸び伸びと、悔いのないように走りまわって、

観ている子供たちに、サッカーの愉しさを思う存分伝えて欲しいと思うわけです。


そして夜は、磔磔まで「DOGON」を聴きに行ってきた。

辰巳くん(tp,テルミン)に会うのは久しぶり。

でも、そんな感じが全然しなかった。あいつと会うと何故か安心する。嬉しかった。

あごひげが白かったけど、それ以外は前のまんま。


俺が、高円寺の楽やのカウンターの中にいた頃、

深夜、カウンターの離れたところ同士に座って、水と油のような音楽論を戦わせていた2人、

辰巳と湊が、今夜、京都の磔磔、目の前で、音を合わせ、音をぶつけ合ったりしている姿は、

ミュージシャンは、生き続け、奏で続けてこその人生があるってことを痛感させてくれて、

何だか、とてもHappyであり、生々しくもあり、熱いけど風通しの良い気分にしてくれた。

そして、2人とも、自分の音楽の世界を着実に広げ育てていた。

俺は、それが何よりも嬉しかった。

だって、俺たちはミュージシャン。


俺も自分らしく頑張り続けよう。

今週金曜日は、磔磔、BOUNDだー!


頑張れニッポン!


サッカーW杯開幕

あ~、遂にW杯が始まってしまった。

海外サッカーが好きなのでヤバいです。

国の代表に選ばれ、躍動する選手の姿を観ているだけで熱くなるけど、

得点したときに、ピョンピョン跳ねて大喜びする観客たちを見ているのも好きなんです。


これからの1ヶ月間、結局寝不足になるかもな。

今夜は深夜から朝にかけて、スペインvsオランダやもんな~。

へま男

最近、日常生活の中で、しょっちゅうヘマ(ミス)ばかりこいてます。

元々へまでしたが、以前より頻度が高くなった気がするんだな。


ここでは具体的な例は差し控えさせていただくが、

自分では 「おっといけねぇ、またやっちまったぜぃ!」 って、心の中で苦笑いしている感じ。

でも、付き合いの浅い人たちは、その出来事で、俺の評価をガクンと下げているっていうのが、

その後の俺に対する、言葉つかいや態度の変化で、すごくわかるんだよね。

他人に信頼してもらえない現状っていうのは本当辛いけれども、

誰にもそういうときってあるだろ。 ここは集中し直して、頑張り続けるしかないんだよ。


同年輩には、物忘れや注意力散漫なことを、年齢を原因にあげる人もいそうだけど、

毎日夜更かしじゃ、そりゃあんた、誰でもボ~ッとしますがな。


体調管理、生活のリズム、これって本当大事です。


あっ、いかん、もう2時だ!寝ます。 


おやすみなさい。 明日も良い一日を。

BOUND LIVE!

BOUND Live !

Keep on Groovin'

6/20 (金)

京都 磔 磔

 古田光郷 (vo,g)
 岸田"ゴンベ"良朗 (g)
 高木 親 (t.sax)
 森 扇背 (b)
 ネッシー木村 (dr)


ええ!おじさんバンドですけど何か?
ネッシー、古田、ゴンベさん、高木、森。  12.7 2013 磔磔 楽屋にて

18:00open
19:00start
charge¥2,400 (当日のみ)
2stage

昨年末、12/7の復活Live以来の磔磔です。

再結成後、未だ演奏していない、皆さんからリクエストの多かった曲、

そして、Liveであまり演奏しなかった、レアーな曲も復活させました。

皆さん、お楽しみに~!

Red Hot Photo

先日のRed Hot Session!の写真を友人からいただきました。

数枚UPします。

あぁ、イイ気持ち。
小さくて確認し辛いが、リエちゃん(b)が実に良い顔をしている。

隣のあんちゃん、国籍不明。
右はイトちゃん(g)。イイ音出してました。こうして見ると見事な金髪。

富士山~!(ヒデヲの間)。シュールでした。
青いドラムはお店のもの。やはり大西くんには黄色が似合う。



本日、近畿地方で梅雨入り宣言。

大西くん滞在中は、連日真夏のようにムチャ暑かったけど晴天でした。ギリセーフだったね。

また、京都の皆に、天晴れなビートを降らしに来て下さい。 皆、待ってるよ。

お疲れ様でした! そして、心の篭った素晴らしい演奏をありがとう。


検査結果だと

先日診てもらった、健康診断の検査結果が上がってきた。

ほぼ、正常の範疇ばかりが並び、メタボ予備軍の入団も免れたが、

コレスレロールの値がやや高いらしい。

ん?俺、そんなに脂モノ食べてないけどなぁ。。とブツクサ呟いていたら、、

かみさんが「甘いものの食べ過ぎじゃないの?」と言った。

なるほど、身に覚えあり。

これからは、出来るだけ控えるようにしよう。


でも、酒止めてから、ストレス発散に甘いものを食べてしまうことがよくあるんよね。


コレステロールの神様、

今まで饅頭を平気で二個食べていましたが、今後は一個にするので大目に見て下さい。

暑い中感謝。

京都市内、気温36℃!なんじゃそりゃ!

天気予報を見ても、京都が日本で一番暑いやないの。

まだ梅雨も過ぎてない6月1日なのに。 信じられん。


そして、昨晩、5/31も33℃まで気温は上がったんだ。

そんな中、パーカーハウスロール「Fulta&Red Hot Session」に足を運んでいただいた方々、

心より感謝!ありがとうございました。

俺にとっては、初のパーカーだったのですが、居心地が良くて、MCもつい饒舌になり、

リハも本番も、そしてアフター・アワーズでさえ、全部が短く感じた夜なのでした。


パーカー中島さん、PA萩野くん、どうもお疲れ様でした。お世話になりました。

お陰さまで、とても演奏し易い環境の中、内容に集中することが出来ました。


そしてメンバー、大西くんは前回(3月)の京都滞在日が長かっただけに、翌昼過ぎに大阪へ移動とは、

「え?もう行ってしまうの?寂しいぜ。。」って感じで、昨夜のことは夢だったのか?のような気分です。

Folk少年な一面を見せたイトちゃん、遂に顔でベースを弾く境地に辿り着いたリエちゃんも入魂の演奏。

ほんま、人柄がそのまま音楽に反映されて最高でした。

みんなお疲れ様!そして心からありがとう!


またやろうね!
プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード