京都に来てから

今日で、丁度、丸2年が経ちました。

早いな。


前よりも、少し醒めたおっさんになったような気もするけど、

俺は、多分、あの日のまんまです。


京都に来てからの友人たち、

いろいろお世話になっている方々、

そして東京をはじめ、全国の皆さん、

いつもありがとうございます。


そして、これからもどうぞよろしく。




ある休日

休日を利用して、やりたいことがいっぱいだ。

でも、身体の節々は「休ませろ」と言っている。


だが、そうはいかない。  

それじゃあ、週休2日のパパと同じじゃないか。


定年もボーナスもない生き方をすると決めて久しい。

俺には死ぬまで休みはない。  だから死ぬまで好きなことをやる。

好きなことやるのにはリスクが付きもの、想定通りの生き方だ。


声が出る限り歌う。

そして、興奮したら、エンディングで跳ぶ。

分かりやすい男だ。

Jummmmp!!!

やっぱりバカだなぁ。


俺。

イメージ

曲のアイデアは、録音機器で残せるけど、

曲が湧き出したときのイメージ(広がりやスピード感)は、

時間が経つほどに消え去ろうとしてゆく。


イメージがはっきり残っているうちに音に出すと、

出せば出すほどに鮮明になってくる。


鉄は熱いうちに打たなきゃね。

おかえり

入院中だったグレコのセミアコが帰って来た。

Greco sa-550 (76'

京都に来た直後は健康体だったのだが、保管場所の湿度が異常に高かったため、

一冬越えると、電気系統と、ネックがやられてしまった。

ハード・ケースに入れていたので、すっかり安心し切っていた。不覚であった。


しかし、京都には ライトニン という 箱物ギター(セミアコ、フルアコ)の扱いを得意とする名物工房があるのだ。

俺は、東京にいたときからHPを見て、店主の異常なまでのギター愛、Blues愛に興味を持っていた。


そしてもちろん、今回の修理はライトニンにお願いした。

修理中。
修理される俺のセミアコ。      (ライトニンのHPより借用。

仕上がりを拝見すると、驚くくらい細やかなメンテで、素晴らしい状態で帰ってきた。


店主の栗田さんが、このギターのことや、BOUNDの2月のLiveのことを Face book にUPしたので、

知り合いやお客さんから「あれ?あのセミアコ使わないんですか?」なんて聞かれた。


まぁまぁ、そうあわてずに。

現在、いろいろ考えています。

次回のLiveでは弾いてみたいと思っています。


お楽しみに。





更に前へ

昨夜、寒い中、磔磔に来てくれた皆さん、どうもありがとうございました。

そして、いつもながら、お世話になっている磔磔の皆さん、

細部に渡るBOUNDへの協力体制に心から感謝します。


入場の際に配ったCD-R「BOUND 2015」、ゆっくり聴いて下さい。

そして、僕らのことを知らない人たちにも是非聴かせてほしいです。

BOUND 2015

これがきっかけでBOUNDに興味を持って、Live会場に足を運んでくれたら尚嬉しいのです。


さて、エンジニア高木親を中心に時間をかけて作った今回の音源ですが、

Live活動とはまた別の、新しいBOUNDの音楽活動がやっと始まったばかり。

これからもどんどんRockでSoulfulな楽曲を試行錯誤を繰り返し、

5人で生み続けていくので、皆さん、楽しみにしていて下さい。


それではまた近日中にお会いしましょう。


☆ 次回の BOUND Live は、4/18(土)@磔磔です。


次回Liveのフライヤー

今週末だぜ!

京都の冬はほんまに寒い。

東京と違い、風はないけど、頬が痛いくらい空気が張り詰め、底冷えする厳しい寒さ。

強敵です。

しかし、そんなジジ臭いこと言うて生ぬるい場所ばかり探していてもRockはできない。

自分で熱を発しなきゃPowerは生まれないのだ。


そして、いよいよ次回のLiveが、今週末に迫ってきた。

bo_fly_1502_s.jpg



BOUND、2015年の初Live、いよいよ始動です!

215805516_624_v1418453598.jpg


お待ちしています。
プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード