3月4月のLive予定

3月、4月のLive予定です。

3/18 (金)

まき(vo)&ふるたみつさと(vo.g)

『CAFEすずなり』

京都市下京区麩屋町五条上る有隣文化会館1階

18:00open 19:00start
charge¥1,500(+ご飲食代)

遂にこの人と2人の単独Live をやることになりました。
さて、どうなりますことやら。

cafe すずなり
「CAFEすずなり」は、高円寺で「のらいぬカフェ」をやっていた、まりちゃんが、
昨年8月に京都市内に開店した、居心地の良い空間Cafe。食べ物も美味い。
この日は、SpecialなLiveになるでしょう。

☆僕独りでも数曲歌う予定です。


3/27(日)

古田光郷 Solo

塚本 Howlin'bar


18:00open 19:00start
charge¥2,000
共演者あり

久しぶりのHowlin'bar、今回も独りで歌います。


4/17(日)

BOUND Live at 磔磔(たくたく)


18:00open 19:00start
charge¥2,400

Come on now!

この日は、去年から時間をかけて作り上げた新音源(4曲収録)を販売する予定です。

もちろんLiveもバッチリでございます!!


それでは皆さん、お楽しみに。

早3年

京都に移住してきてから、今日で丁度、丸3年が経ちました。

千日以上暮らしたわけですが、全然そんな実感がありません。


京都の皆さん、これからも宜しくお願いします。


そして、東京の友人方々には、やっぱりもっと頻繁に会いたいなぁ。

あっ、そうか、僕が会いに行けば良いんだ。

なので、もっと腰を軽くせねば、と常々思ってます。


そう言えば、東京にあれだけ長く住んで、毎月のようにLiveをやっていたけれど、

弾き語りのLiveはやったことがありません。


考えてみよう。



明日から4年目の京都生活が始まります。


冬の五右衛門
五右衛門


2月もあとわずか

もうすぐ2月も終わりだというのに、まだまだ寒い。

風邪をひかぬようにせねば。


しかし、今年の2月は早かった。単調な生活をしているからだろうか。

いやいや、確かに日々の行動形態は単調かも知れないだが、

頭の中は、あっち行ったりこっち来たりで、ほぼグチャグチャなのだ(新曲のことで)。


好きで続けていることなので、ちょい無理めの曲数の設定くらいが丁度良い。

生むのは苦しいが、出るときは、亀の卵みたいに出るのだ。(変な例えだ)



J・ガイルズ・バンドのピーター・ウルフが6年ぶりに新譜を出したらしい。

これは聴かなきゃ。


Mavis Staples の新アルバム

当たり前だけど、やっぱりイイんだよ。Mavisの歌は。


今回のアルバム「Livin' on a High Note」は、色んな人が彼女のために曲を書いたもの。

なので、色んなタイプの曲が楽しめる。 なかなかPOPなのもあるぞ。

でも、メイヴィスが歌うと、全部Soul、 メイヴィス節になる。


前作、前々昨、とWilcoのジェフ・トゥイデーがプロデュースしていたのもそうだけど、

バックの音がシンプルで、それでいて深く、全く物足りなさを感じない。

歌が良ければ、ちゃんとバックとの関係が成り立つ。 

これは、僕の大好きな、理想とするところの世界です。


Gooooood !!

それでは、 ちょっとサイケなジャケをUPしたところで、

おやすみなさい。

雨降り

今日の京都は朝から雨。

このまま夜まで降り続いてくれたら、ギター・アンプの音をいつもより少し上げられる。

変な理由で、雨降りの日が嫌いではないオッサンです。


あぁ、どうせなら、もっと強く降れ。

夜毎

新曲街道を迷走中。



来週あたりには快走中。


だといいなぁ。

休日

寒さが戻った月曜日、久しぶりに整体をしてもらいに北山に行った。

カリスマ整体師のKちゃんに整えてもらうのは数年ぶりだ。


幼馴染の彼と会うと、いつも、お互いの近況などを話す。

話が、亡くなったデヴィッド・ボウイの話になったのだが、

鍼灸師をやっているKちゃんの妹のTちゃんは、何と、ボウイの背中に針を打ったことがあるらしい。

そして、これまた何と、ジャクソン・ブラウンの治療も手がけたというから驚いた。


しかし、自分からは見えない背中に、初対面の日本人に、何本もの長い針を刺させるという彼ら、

これって、よほど東洋医学を信じてないと出来ないことだ。

(因みに、東洋人の僕ですが、神経質で臆病者なので、針治療がとても苦手です)


などなど、話はずっと尽きなくて、そのまま往診へ向かうKちゃんのクルマで

宅まで送ってもらった。


ありがとうKちゃん、お陰で随分と身体が軽くなりました。

パーカーの夜は雨だった。

一昨日、雨の中、Parker House Rollに来てくれたみなさん、

どうもありがとうございました。心から感謝します。


BOUNDとしては初出演のParker~でしたが、いい感じで演奏することが出来ました。

お店のスタッフ方々、PAの萩野さん、お疲れ様でした。


終演後、残ったお客さんも含め、皆で楽しく談笑したあと、

降り続ける雨が小降りになってきたのを見計らって、機材を積むなら今だ!

とばかりに、皆で機材を店外に運び出したのだが、逆に雨は強くなり出す始末。

帰宅した時には、久しぶりのびしょ濡れ状態。


たまにゃあ、こんな日もあるわさ。


次回、BOUNDのLiveは、4/17(日)@磔磔です!

明日はLiveでっせ!

京都は相変わらず観光客が多い。

そして、中国人、台湾人が非常に多いことに気付く。

最近では、一目見て、中国からの人たちだと判るようになった。


ドラッグストアで爆買いしているのも目撃した。

バスケットの中が、山盛り、全部同じ化粧品なんだもんな。

僕はその状況を見て、「あぁ、これが爆買いか~、ほんまやったんやなぁ」って感心しきり。

ドラッグストアの中には、中国人専用のレジまであり、中国語を話せる、バイトの学生らしき

スタッフを常勤させている店もある。


数年前までは、観光にもオフ・シーズンがあったらしいのだが、今の京都市は、年間を通して、

観光客がひっきりなしに出入りしているのだそうな。


でも僕は、観光するなら、広~いキレイな海や、小鳥のさえずりしか聞こえないような、

静かな山の方が好きだなぁ。

多分、誰もが、日常にない風景や環境を観光に求めるんだろうな。


そんな話はともかく、

今日は夕方からBOUNDのリハで、明日はParker House Rollで、BOUNDとしては初のLiveだ。

Liveはもちろん楽しいけど、何が楽しいって、メンバーが集まり音を出すことが楽しいんだよ。

当たり前のように聞こえる話だけど、ここまでくる(再結成)のに、何年もかかったわけで、

今、メンバーが集まり、演奏する1分、1秒を、心から大切にしたいと僕は思うわけです。


それでは皆さん、Parker House Roll で会いましょう。

たまにはこんな日も

本日は、心身ともにやや不調であった。

一日中、なかなか前向きな気持ちになれないのだ。

疲れが溜まっていると言ってしまえばそれまでだが、

まぁ、誰しも、こんな日がたまにはあるだろう。


自分ことなので、この不調状態の原因、大体の察しはつくのだが、

その原因が、今までの自分の思考の希薄さなのではないか?とか、

ネガな方向に走り出すと、どんどん止まらなくなってそりゃぁもう。。


音楽ももちろんそうだが、日々の生活も、やっぱり全部のバランスが大事だよね。


夜遅くなって、これを聴いたら、随分癒された。

Thank you ! Mavis.


明日から、もう少し、力を抜いて、軽い気分で色々やってみよう。

それがイイのかも知れない。


お休みなさい。

地下鉄に乗って

昨日は午後からギターケースを2つ担いで地下鉄に乗り、

いつもお世話になっているギター・ショップ「 ライトニン 」まで行って来た。


店主の栗田さんが僕のギターを触ってくれている間、しばらく散歩で街をブラ~リ、

近所にペット・ショップの「こじま」があるので寄って、五右衛門土産に猫じゃらしを買った。


店に戻ったら、自分で木を加工してギターを作っている人がギター持参で来ていて、

その方は、僕のことを知っておられ、是非、このギターを、今、弾いてくれないかとお願いされた。

そして、弾いたら、「いや~、弾く人が弾いたらエエ音してるなぁ~。。」とか自ら悦に入られてしまい、

正直、僕は、どうリアクションして良いのか困ってしまった。


栗田さん曰く、「多分、古田さんと共通の知り合いの方が多いですよ?」と言われたので、

ベースの森扇背の名前を出したらよくご存知だった。

森さん、身体も大きいけど、さすがに、京都では顔が広いなあ。と感心した次第。

やっぱり京都には個性的なおじさんが多いですわ。


そうこうしているうちに、店主にギターを習っているという、大人しそうな女子高生が来た。

学校帰りらしく、制服姿のままだ。何とも町内感満載で京都らしいです。

しばらく待ってもらったが、時間通り来た人をあまり待たせちゃいかんだろということで、

僕は、ギターを1本だけ持ち帰ることにして、もう1本は入院することになった。


夕方6時過ぎの帰宅し、昨年末あたりからレコーダーに貯めていた曲のアイデアを聴きながら、

適当な歌詞を付けて歌ったり、続きの場面を考えたりしていたのだが、

気が付いたら、既に0時を回っていた。

レコーダーには30曲近く録音されているのに、聴いたのは5曲だけだった。


my room


あぁ~、時間の使い方を、もちっと考えなければ、こりゃ追いつかねぇぞ古田くん。
プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード