昨夜の写真

友人が撮ってくれた、昨夜のLive写真をUPします。


Black&White
ごんべ&古田


BOUND@拾得
5人で。


Bound@Jittoku
5人で。その2


new ending style
5人で。その3


BOUNDは、楽しい曲が多いバンドですが、改めて写真を見ると、皆、真剣に演奏しています。

あっ、当たり前か。

それにしても、皆、別の方向を見てますね。  不思議な人たち。


ありがとう、Rocket man 。

ありがとう拾得

今夜、BOUND@拾得に足を運んでくれた方々、どうもありがとう、感謝します。

拾得のステージの上は、生音が絡み合ったり塊になったり、

そしてたまに離れたり、

「俺、バンドやってんだなぁ。生きているんやなぁ。」と実感出来る場所で、もう最高です。

テリーさんはじめ、スタッフの皆さん、どうもお世話になりました。


それにしても、拾得のJC-120はよく鳴るなぁ。

ストラト弾いても、Volume 1~2で十分なんやもんな。 あんなの他にちょっとないよ。


いたたた。
演奏中にピックが割れた。
こんなの今までのLive人生のな中で初のことです。


それでは、また、Live photoなど入手できたらUPしますので。


お疲れ様でした。

今週末のLive!

今週、金曜日、久しぶりの 拾得 楽しみです。


1/27(金) @ 京都 拾得 

17:30open 19:00start 2stage

Charge ¥2,200- + order



Bound Live 2017


新曲満載!みなさん、是非ともご来場下さい。

お待ちしています。


※ 次回のBOUND Lveの予定は4月までありません。

継続


積雪残る京都、寒いです。


Aメロ男、懲りずに連投しています。


私のデスク


もう少しで、壁を突き破って、何かが爆発しそうなんやけどなぁ。


BOUND@拾得 1/27も近い、気持ちをアゲていくぞぅ!



みなさん、風邪などひかれませぬよう。


遅い初詣

雪降る冷たい土曜日の午後、やっと初詣に行って来た。

八坂神社
年明けから2週間、寒さも相まってか、さすがに人は少なかった。
人の多過ぎる所が苦手な僕には、丁度良い今年の初詣だった。


帰り道、知人宅にお邪魔した。

最近、ギターに興味を持った中学生の息子くんがいるので、基礎的なことをレクチャー。

その間、少年は、食い入るように僕の指使いを見ていた。


十代の凝視っ!


まずはチューニングのやり方、その後、弦の楽な抑え方などを伝えたのだが、

やはり、今後楽しくギターを弾き続けるには、知っている曲のコードを調べて、

歌いながら弾くのが一番良いんちゃうか?ということになり、

「どんな曲が弾けるようになりたい?」と尋ねたのだが、

彼がスマホから出してくる曲は、どれも激しく、早いテンポの曲ばかり。

これはギターでは無理やし、いきなり早い曲は弾けないし、練習にならんで~などなど。


最終的に、GReeeeNという、変な名前の人たちの、メディアム・ナンバーが見つかったのだが、

僕がフォークギターを弾き出した頃のような、シンプルに弾き語れるような曲は、

今は表舞台には出ていなくて、

「そうか、今の子供~少年少女たちは、"素朴さ"というものを知らずに大きくなってゆくのかな。」

などと思った次第。

しかし、彼らにしてみれば、現代、表舞台を闊歩している激しいリズミカルな曲などが、

それこそ日常的な曲なので、それは、音楽文化の変化~流れとして、肯定するべきこと

だと僕は思っている。


僕は普段、J-Pop的な曲を、自分から進んでは聴かないけど、

最初からジャンル分けをして、2度と聴くこともないだろうとも思わない。

自然に耳に入ってきて、惹かれるか、もしくはそうでないか、それだけのことだ。


ギターは、真剣に向き合っても、急に上手くはならない。時間を要する。

けれど、息子くんには、毎日少しの時間でもいいから触っていて欲しいなぁと思う。



雪降り、寒いけど、温かな時間を過ごせた一日でありました。


Aメロ男

ギターを鳴らしてると、無尽蔵に出てくるAメロ、

よりメロディアスなBメロを通過して、


結局、似たようなCメロに着地する。



僕のこと、「Aメロ男」と呼んで下さい。


サビが似てるで。
「おい、Aメロ男、餌の時間や。」

2017 1st Live!

さてさて、久しぶりの 拾得 出演まで、あと2週間余りとなりました。


1/27(金) @ 京都 拾得 

17:30open 19:00start 2stage

Charge ¥2,200- + order



Bound Live 2017


BOUND@「拾得」、僕の記憶が正しければ、

再結成後、2度目のLiveの、2014年3月以来になると思います。


新曲満載、若さ爆発! みなさん、どうぞよろしくー!


冬本番

さて、いよいよ寒くなってきたぞ。

本当の、厳しい京都の寒さはこれからだ。


今夜は、年始の挨拶がてら、拾得へS.O.Sを聴きに行く予定なり。

完全防寒武装していかなきゃ。

本気でいこう!

昨日は、BOUNDのレコーディングでギターをダビングしてきた。

ここ数ヶ月、自宅にいるときは出来る限りギターを触っていたのだが、

未だ未だ自分の分身になっていないことを痛感した。


音楽は、まず自分が楽しまなくては意味がないのだけれど、

もし、自分の音を、他人に伝えたいのなら、

奏でる音から、美しさ、哀愁や色気、逞しさや揺ぎ無さ、そして、圧倒的な、

非日常的感覚が発せられなくては、説得力に繋がらないのだ。

そんな訳で、僕は未だ未だ自分に甘いということを思い知った気分だ。


例え、音楽の素晴らしさを感じ取れても、

そして緻密さを聴き分けるようになったとしても、

かとて、それを自分で演奏出来るようになったわけでは決してないのだ。


本当に自分の思い描いたプレイを手に入れたければ、

疲れているときも、遊びに行きたいときも、そして悲しいときも、時間を捻出し、

ひたすら、独り黙々と、今は手の届かぬイメージを、追い続けるしかないのだ。


僕は、思い通りにプレイ出来なかったことに凹んでいるわけではない。

年始早々、立ち向かっていけるものが明確になって嬉しいのだ。


現状、Liveこそ少ないBOUNDだが、レコーディングの機会を普遍的に与えてくれた、

高木くんをはじめ、同じ指針の元、音楽を構築し合えるメンバーの存在に感謝したい。


古田、2017年は、昨年以上に頑張る所存。


おやすみなさい。


2017年

新しい年が明けました。

今年も宜しくお願いします。


今年1年が、みなさんにとって素敵な年になりますよう、

そして、世界中の争いごとが少しでも減ることを願うばかりです。


僕の目標としては、

日々音楽に、より集中し、沢山の曲を完成させて歌い、

昨年よりも数多くのLiveをやりたいと思っています。


それでは、どこかのLive会場で会えますように。


2017年元旦

古田光郷
プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード