夜中の

豪雨。  雷の音。

明日は涼しくなるのかな?


今夜は、新曲の歌詞を書いていた。

3曲同時進行で考えていたら、自分の幅のようなもんが見え隠れし出す。

僕の場合、時間をかけ過ぎると、整然としてきて、歌詞が面白くなくなってくる。

楽しい曲は、楽しい気分で書かないとね。



今夜はもう寝ます。 おやすみなさい。

五右衛門
こいつは、この場所が好き。

6月の終わりに

何だか、火が点いたままだ。

じっとしていられなくて、どうも落ち着かない。

そして長い時間眠れない。 3~4時間で目が醒める。


発見したこと、感じたこと、湧き出たことを忘れたくはない。

鼻歌がそのまま自分の曲になり、無意識に一人歩きする。

無防備なくらいシンプルな曲が生まれても、大切に育て続ける自信が今はある。


とにかく毎日、本気で歌っていたい。

申し訳ないが、音楽以外のことをやっていると、時間がもったいなく感じてしまう。



一流の馬鹿になりたい。

I'm making New songs




千葉県、南房総の友人から鯖が届いた。

早速頂いたら、天井を仰ぐくらい美味かった。

ありがとう、Sくん夫妻。


館山の海が見たいな~。

無事終了。

今朝、京都に帰って来ました。

各会場に来てくれた人たち、スタッフの方々、色々とありがとうございました。

心より感謝します。


今回の旅は新しい出会いも沢山あり、良い刺激をいっぱいもらいました。

3日間全部、すごく久しぶりの友人たちが来てくれて、毎日嬉しい瞬間だらけでした。

「もっともっと、溢れんばかりの曲をいっぱい書いて届けたい!」と思いながら帰りました。

みんな、本当にありがとう!


後日、また、写真等をUPしてゆきたいと思います。

今日は、一先ずこれにて。

歩き続けろ~!

ヤス、お疲れ様! そして色々ありがとう。   

Keep on walkin!!

さてさて、

いよいよ明日からです!

「古田&ヤス」Live 3連発 !!!


6/23(金) 下北沢 RHAPSODY (ラプソディー)

東京都世田谷区北沢2-1-7 ハウジング北沢ビルⅡ5階
TEL 03-5656-3511
open=19:00 start=20:00
charge ¥2,000
O.A れいこ vo.g (船橋にあったLive house「月」元スタッフのれいこちゃん!)


6/24(土) 船橋 『 ライヴ酒場 Buddy's

千葉県船橋市本町1-8-28 宮平ビル2階
TEL 047-440-8699
open=19:00 start=20:00
Charge ¥2,000
2stage


6/25(日) 三鷹 BayouGate (バイユーゲイト)

東京都武蔵野市中町1-17-2 アビエス1F
TEL 0422-55-5782
open=18:30 start=19:00
Charge ¥2,000
2stage


みなさん、どこかでお会いしましょう!

※ 店名をクリックすると各HPに飛びます。

AKBと高木くん

歌の録音、高木くんと2人で、あーだ、こーだと楽しく終了。

これで僕の音&歌は全部録音したということになる。


夜は高木宅で晩ご飯をいただきながら、奥さんも交え3人でTV観賞。

丁度、生放送でAKBの総選挙をやっていた。 これ、まだやってるんやね。


一喜一憂しながら登場するメンバーたちに対して、突っ込みまくる高木くん、

「なんでこいつが6位やねん、もしかして組織票か? MC長いわ。 泣くなや。」


そして話題の矛先は、元AKBメンバーにも及ぶ。

「前田のあっちゃんも独りになると弱いな。」

「見た目はやっぱり小島陽菜やろ。」 それって、あんたの好みやろ?

「結局、喋りが上手くないと残れない世界、指原はトークもうまいで。中居くんもそうやろ。なっ?」

僕は思わず 「どんだけTV観てんねん!」 と突っ込んだ。


「いつもこうなん?」と奥さんに尋ねると、「そう毎晩、ずーぅっとそう」と笑顔。

高木くん曰く 「色々、言われるのが彼女たちの仕事やからな。」

ホ~ッ、なるほど~、

不覚にも、妙に納得てしまう古田であった。



高木くん、お疲れ様でした。楽しい一日をありがとう。

Jちゃん、美味しい晩ご飯をどうもご馳走様でした。

夏の予感

土産物売り場の店先で、

今年初の風鈴の音を聞いた。

実にいいもんです。


さあ、明日は歌入れ第2弾!頑張ります。

歌入れ

夏のような暑さの午後、嵐電に乗って Soul stew studio まで。

いよいよ BOUND の New album の歌入れだ。


microphone
レコーディング用マイク


Mr.Takagi
部屋中狭しと積み上げられた録音機材に囲まれ、作業する高木制作本部長。

彼の集中力と、冷静的確な判断には、毎度のことながら頭が下がる。


本日予定していた曲全部をイイ感じで録音、その場で考えたコーラスも入れて終了。

終わってみれば、心身ともに疲労困憊。帰りの電車内では廃人と化しておりました。


今日の古田の魂は、全部 Soul stew studio に置いて来ましたぜ。

梅雨入り

昨夜は、磔磔に、blues.the.butcher-590213 [永井ホトケ隆vo.g+沼澤尚dr+中條卓b+

KOTEZ harp] +うつみようこvo.g を聴きに行って来た。

blues.the.butcher~を聴くのは3年ぶりくらいかな。 久しぶりだ。

お陰さまで良い刺激をもらった。今年で結成10年目、本物のバンドは強し。


今日は朝から雨模様、いよいよ梅雨入りした。

夕方前くらいに地下鉄に乗って北山へ。久しぶりに整体をしてもらった。

身体はカチンコチンにこっていて、古田痛くて、声を連発してました。



そして帰宅後、ほぐれた身体でリラックス。 

今日のCDはこれ。

歌が最高だ!
Solomon Burke / Nashville (2006)
Buddy Millerがプロデュースした、大好きなカントリー・アルバム。
歌が素晴らしいと、ジャンルなんて超えてしまうんです。
おまけに音質がとても良くて気持ち良し。お薦めです!

BOUND 次回Live!


BOUND Live!

みなさん、どうぞよろしく!!



小河さん、いつもありがとうございます。心より感謝します。

Stomp 閉店

近藤房之助先輩が経営していた、下北沢のBlues bar「Stomp」が、

40年の歴史にピリオドを打ち、先月いっぱいで閉店した。


Stompは、僕の東京音楽生活の始まりの場所だった。

BOUNDが所属した事務所の社長、故正井さんは、Stompの先代オーナーで、

Stompは、僕らBOUNDにとって基地のような存在だった。


沢山の人たちと出逢い、音楽をいっぱい聴いて、夜な夜な話し合い、

ときには酔っ払い、つまらないことで喧嘩もした。


中でも、京都から先に活動ベースを東京に移していた、West Road Blues BandとBreak Downの

先輩方には、本当に色々とお世話になった。

当時、先輩方は皆30代後半くらい、今考えると、そりゃぁワルい元気もあったよね。

ここには書けないような、山ほどの出来事や事件は、今では僕の秘密の宝物だ。


僕が中央線沿いに住むようになってからは、自然と、少しずつ足も遠のいたけれど、

僕の中では、高円寺のジロキチと同じくらい、時々行くStompは特別な場所だった。


今回の閉店の話、当初、6月いっぱいまでと聞いていたので、

今月、下北沢でLiveをやったあとに行こうと決めていただけに残念でならない。


結局、最後にStompに行ったのは、房さんに、京都に帰る報告をしに行った夜だった。



近藤先輩と
そのときの写真。


強烈だった下北沢Stomp時代、僕はこれから先もずっと忘れない。


房さん、お疲れ様でした。

6月

6月になった。


先週くらいから、連日30℃超えの夏日、僕は朝からTシャツ1枚で出かけてます。

これから梅雨になって夏が来て、いよいよ半ズボンの季節到来だ。


BOUNDの新作、レコーディングがいよいよ佳境に差し掛かり、

予定では、今月中に最後の歌入れになりそうだ。


アルバム・タイトルも 「Beat Machine」 に決まり、

次回7/27(木)の磔磔はリリース記念Live!だ。 皆さん、よろしくー!


で、6/23(金)~からは、東京~船橋で、ヤスと2人「古田&ヤス」の3連チャンLive。

3会場のうち、2つが初めての店なので、嬉しい緊張感を味わえるぞ。

ヤスとの熱く繊細な演奏はもちろんのこと、関東方面の友人たちと会えるのが、楽しみでなりません。

みなさん、何卒宜しくでございます!



お凜
膝の上で眠るお凛。
呼び寄せても来ないのに、気が向いたら勝手に乗って来る。
飼い主は、その気ままな行動に翻弄されるんよね。
僕がギターを弾いていても、全然お構いなし。
猫は毎日我がままで良いのだ。

プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード