FC2ブログ

BOUND Live!

いよいよ今週に迫りました!


Bound Live!


みなさん、お待ちしていまーす!

生歌Live!

2019年9月14日(土)

「古田Solo! 生歌Live」


Cafeすずなりさんからフライヤーが届きました。


Fulta live !

出演:古田光郷 (vo.ag)
18:30open 19:30start
チャージ1800円(+ご飲食代)


マイクなし、アコギ1本のLiveは初めてなので、

どんな感じになるか、蓋を開けてみるまで分かりません。

新しい曲や、他では聴くことが出来ない古田を歌えたらいいなと思ってます。


みなさん、お楽しみに。

歌えこの街で

先ほど独りスタジオより帰宅。

いいぞ、好い感触だ。

徐々に上げていくぞ、迷わず進め、太く進め、

余計なことは考えるな、邪魔なだけだ。 決めた道をゆけ。


少しずつ前進すればいい。 何度も繰り返し、タフにゆけ。


必ず手に入れてみせるぞ、魂が燃える太い歌を。

続・独り言

僕と同年齢の人たちのほとんどが持っているのに

僕は持っていないものって、多分、沢山あるだろうな?

って、簡単に想像出来る。

そして、その答えはかんたんだ。

僕が、それらを欲しがらないで生きてきたからだ。

要らなかったというよりも、もっと欲しいものが

ずっとあったからだ。


僕が欲し続けたものを、手に入れたかどうかは、

正直、自分でも判らない。

でも、ずっと同じものを探し続けているような気がする。

もしかして、この、ずっと探し続けている欲望こそが、

僕がずっと欲しかったものなんじゃないかって最近思う。


道の途中で、いつもより明るいライトが僕に当たったり、

不安になるくらい、出口の見えないトンネルの中を歩くことが

これからもあるだろうけど、

僕の変わらなかった欲望は、周囲の人たちや仲間たちを巻き込み、

そして力を借りながら、道すがら、沢山の歌を産み落とし続け、

変わらず歩いてゆくのだろうな。。


今夜、サウナ室で、滝のような汗を流しながら、

そんなことを考えていた。

独り言

歳を重ねた方が、

濃い~ Soul が搾れるよ。

これ、本当!

BOUND @ 磔磔

迫ってきました!あと2週間後です。


Bound Live!


みなさん、お待ちしています!!

作詞の日

昨夜、10時22分に発生した、震度6強の山形県沖地震、

夜の暗闇ゆえ、被害状況が掴めていませんでしたが、

朝のニュースでは、けが人が21人、死者、行方不明者は出ず、

柏崎原発も異常なし、とのことで、とりあえず安堵しました。


安心が眠気を呼んだのか、久しぶりに午後まで再度の睡眠。

最近は、何故か、何時に寝ても、3~4時間で目が醒めるという

ヤバさだったので、今日の頭の冴え方は、どうも御無沙汰ですって感じ。

この冴えた勢いで、今日は、ずっと歌詞を書いていた。

とにかく生み出さないと、吐き出さないと、言葉がないと歌は始まらない。


でも、流石に集中し過ぎて疲れたのか、気が付くと、

PC前の座椅子に座り、マウスに手を置いたまま寝落ち、笑

何だか下っ腹辺りが重いなぁ、と見てみると、猫娘のお凛も、

僕の上で、片前足で顔を隠し、丸けて寝ておりました。。


書き殴った歌詞、仕上げた歌詞、今日は数曲進展出来たので、

近いうちに、スタジオ・インして歌ってみよう。


古田、執念、まだまだ搾り出したるでぇ~~!!

BOUND レコーディング

京都市某レコ・スタジオにて、BOUND 次作アルバムレコーディング。

午後から始まり21時過ぎまで。

あっという間に時間は過ぎ、こんなん短いくらいです。

メンバー5人と、スタジオオーナー兼ミキサーの谷川さん、

どうもお疲れ様でしたー。


個人的には、事前の綿密な準備等、周到にしてくれた高木理事長に感謝、

心から労いたいです。 本当、ご苦労様でした。お陰で非常に捗りました。


まだまだ続くレコ作業、音楽は、妥協したらそこまでです。

僕はいつでも超最高のものを作りたいし、みんなに届けたい。

そのためには、寿命を削ったっていいくらい。

緩~く、適当に生き続けたいなんて思わない。

渾身の歌とサウンドを遺したいものな。

集中集中!もっと熱く魂を放り込むぞぅ。


みなさん、BOUNDの次回作をどうかお楽しみに!

そして、メンバー、谷川さん、お疲れ様でしたー!

今夜はよく降るなぁ。

ポタポタ、バシャバシャ、派手な音がしている。


雨降りの日も、心に希望と太陽を。。

だよな。


本当はいけないこと、交通違反なのだろうけど、

傘を差して自転車に乗ることがある。

そんなとき、いつも思う、

「傘、邪魔やなぁ。。ずぶ濡れで帰りたいなぁ。」って。

でも、あとで拭いたり、乾かしたりするのが面倒なのでそのまま走る。


雨に打たれること自体は、むしろ好きなんだ。

おかしいのかな?僕は。


そんなことより、

久しぶりの 高円寺 Jirokichi でのLiveが決定しました!

11/15 (金) 「 Fulta & Friends 」

< メンバー >

古田光郷 (vo.g)
中野靖之 (g)
大西 真 (b)
大西英雄 (dr)

この日は、大西リズムス!これは超絶強力だぞ!
5ヶ月も先のLiveだけど、今から楽しみでならないよ!

関東圏のみなさん、チェックよろしくー!

※詳細は後日で。


貸しスタジオにて

最近、週に一度くらい、近所のスタジオに独りで入る。

練習というよりも、外界を遮断し、100%音楽に集中したいからだ。

セッティングを済ませ、課題曲(新曲)を歌う、、といきたいところだが、

最初の20分くらいは、ひたすら大音量でギターを弾き倒す。

とにかくがむしゃらに弾き倒すのだ。


そして、やっと書いてきた曲を見ながら歌い出す。

宅で考えてきた気の利いた歌詞でも、Grooveをトロくする言葉は替える。

終わると歌詞カードがマジック・ペンでグシャグシャになる。

自分で書いたくせに、帰宅後、読解するのに相当苦労したり。笑


毎回、最後の30~40分くらいになると、何も決めずにダラダラと

ギターを弾きながら、その場で即興の作曲に興じている。

すると、自然に曲がどんどん出て来る。

いい感じやん?このままいこう。ああ、これすぐ完成しそう。。とか。


だが、以前は、それらの自然発生曲を客観視し過ぎた。

「これは、○○風で、よくあるパターンやなぁ。。」とか、

「これは、いくらなんでも古臭過ぎるやろぅ?ははは。」とか、

「これは、聴いてる人が喜びそうだなぁ。。」など。。


でも、もう、そんな横から聞こえる自分の声を聴くのはやめた。

それは邪念であり、小さなズルさだと、今は思うから。

そんなもの、今の自分にとって、邪魔な思考以外の何ものでもないとさえ思う。

僕は、クライアントから依頼を受けている作曲家じゃないんだし。


そして、自分のジャンル分けもしたくない。あんまり意味がないから。

それは聴いた人が好きにすれば良いこと。

そんなことよりも、比べものにならないくらい大切なことは、

息衝いている古田が、その曲の中に本当にいるかどうかなのだ。


自分の歌を歌う人、

僕は、Singer Song Writer .


駄作ばかり生み続けようが、いっぱい作るよ、曲を。

俺のRock

弾けたいよな 心の底から

弾けるんだ 魂を開放して

無理なことじゃない 簡単なことなんだ

弾けたいんだ 何もかも飛び越えて

7月以降のLive schedule

現在決定しているライヴ・スケジュールです。



7/4(木) BOUND @ 磔磔 19:00start ¥2,400-


7/26(金) Fulta&Friends @三鷹Bayou Gate 
<メンバー>古田(vo.g)、ヤス(g)、優三(dr)、吉田靖雄(b)
※ 以下詳細後日。


8/10(土) 古田Solo! @大阪阿倍野 ザ・ロック食堂
※ 詳細後日


9/14(土) 古田Solo! 生歌Live @ 京都麩屋町Cafe'すずなり
19:00start ¥1,800-
☆ マイクなし、アゴギで歌う初の試み、生声Liveです。


9/28(土) 古田Solo! @大阪池田市 朝日楼
※ 詳細後日


10/12(土) BOUND @大阪茨木市 Jack Lion
初出演!詳細後日。


11/15(金) Fulta&Friends @ 高円寺 Jirokichi
古田、4年ぶりのジロキチ出演です。詳細後日。



以上、現在決定しているLive予定でしたー!

日頃思うこと。

最近感じるんだけど、

「ありがとう。」や「ごめんなさい。」を言えない大人が多い。

僕は正直、がっかりしている。

照れくさいというのもあるのかも知れないが、

これは相手の気持ちを考えていないからだと思う。


僕は日本人特有の、謙虚さという言葉を古いとは思わない。

むしろ、失くしてはいけない心の持ち方だと思っている。

自分が今あるのは、自分だけの力では決してない。

周りの人たちに助けられて、全ての人の今があるのだ。

だから常に感謝の気持ちを持って謙虚でいれたらなと思う。

とはいえ、四六時中、それを実行し続けるのは難しいんだけどね。


小さなことでも助けてもらったら「ありがとう。」を。

小さな失敗でも、不本意ながらも、相手に迷惑をかけたり、

ついつい足を引っ張ってしまっても、「ごめんなさい。」と言える大人でいたい。


肩書きや、役職、名声を手に入れた人でも、部下や目下の人間に対して

それを言える人は存在する。

僕は、そういう人たちを本当に格好イイ人だと思う。


新しい時代を担う子供たちは、常に大人たちを見ている。

小さな決意

私、今月は、歌人間になりますぜぃ。

よろしく!

6月

今日から6月ですやん。

古田はん、今月Liveがないですやん。

どないしますのん?

練習しますのん?

古: まぁ、しますけど。。

作曲しますのん?

古: それもしますけど。。

ギター弾きますのん?

古: もちろん、触らない日はないですけど。。


で、どうしますのん?

あっ、この6月から、遂にBOUNDの、次回アルバムのレコーディングが

始まりますやん! そらぁ、気合入りますや~ん!!

古: はい、既に入りまくってますけど。。


古: 正直、今から、名盤の予感しかないんです。

プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード