サトケン Solo Live

昨夜は、”サトケン”こと佐藤研二のBass solo Liveに行った。

2ステージ、ほとんどベースだけ、+ 少し歌、のLiveだ。


地下の会場への階段を下りる前から爆音が漏れていた。

そりゃそうだ、マーシャルのベース・アンプ、スピーカ-2段積みを持ち込んで鳴らしているのだ。


しかし不思議だ、いざ入場してベースの音を浴びるほどに、音量を大きく感じなくなるのだ。

確かに大きいけど、温かみと人間味の溢れる音、彼の人柄を表しているのだ。

そして、あの古いSGベースは彼の体の一部、血管と神経で繋がっているのだ。


音楽は楽しいもんだ、そして涙が溢れるくらい素晴らしいんだ。

皆が忘れかけている一番大事なことを、改めて感じさせてくれたLiveだった。


サトケンSolo
ベースを弾いていると楽しくて仕方ない佐藤氏。
しかし、こうして見ると、机の上に置いてある人形のようにも見える。
相当キャラが立っているからだよね。



Kenji's Album
ずらり並べられた彼のソロ・アルバム。
年に1枚のペースで11作目をリリースしたばかりなのだ。
もちろん収録されている音はベースの音だけ。
潔すぎるぜ。


佐藤さん、ツアー残り7本、気をつけて、
そして、音楽の楽しさを撒き散らして来て下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード