Stomp 閉店

近藤房之助先輩が経営していた、下北沢のBlues bar「Stomp」が、

40年の歴史にピリオドを打ち、先月いっぱいで閉店した。


Stompは、僕の東京音楽生活の始まりの場所だった。

BOUNDが所属した事務所の社長、故正井さんは、Stompの先代オーナーで、

Stompは、僕らBOUNDにとって基地のような存在だった。


沢山の人たちと出逢い、音楽をいっぱい聴いて、夜な夜な話し合い、

ときには酔っ払い、つまらないことで喧嘩もした。


中でも、京都から先に活動ベースを東京に移していた、West Road Blues BandとBreak Downの

先輩方には、本当に色々とお世話になった。

当時、先輩方は皆30代後半くらい、今考えると、そりゃぁワルい元気もあったよね。

ここには書けないような、山ほどの出来事や事件は、今では僕の秘密の宝物だ。


僕が中央線沿いに住むようになってからは、自然と、少しずつ足も遠のいたけれど、

僕の中では、高円寺のジロキチと同じくらい、時々行くStompは特別な場所だった。


今回の閉店の話、当初、6月いっぱいまでと聞いていたので、

今月、下北沢でLiveをやったあとに行こうと決めていただけに残念でならない。


結局、最後にStompに行ったのは、房さんに、京都に帰る報告をしに行った夜だった。



近藤先輩と
そのときの写真。


強烈だった下北沢Stomp時代、僕はこれから先もずっと忘れない。


房さん、お疲れ様でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード