FC2ブログ

墓参り

父が他界して5年目の命日、両親が永眠する綾部市まで墓参りに行って来た。

二条駅からJR嵯峨野線に乗り、途中、園部駅で福知山行きの、

二両編成のワンマン電車に乗り換える。

ドアは自動ではなくてボタン式。車内は空席だらけで閑散としている。


綾部駅に着くと、墓地のある高台まで、駅から徒歩で40分ほど歩かねば。

この日は、午後から生憎の雨模様。傘を差し、ひたすら地味~に田舎道を歩き続けた。


映る木々
路面に映る木々。


紅い絨毯
地面一面に落ち葉。まるで絨毯のようだった。


雨に煙る山
見晴らしが良い墓地に着くと、近くの山が雨に煙っていた。


両親には、無事に還暦を迎えられたことを報告し、感謝の意を伝えた。

そして、「これからも、健康を害さず、心を濁らせることなく、音楽活動を続けていけるよう、

天国からどうか見守っていて下さい。」 とお願いして墓地をあとにした。 


山道を下りた頃から、周辺が次第に暗くなり始め、

人影のない沿道を、時々走るクルマのヘッドライトが、路面を照らし始めた。

僕は、駅までの道中、両親のことだけを考えていたような気がする。


やっと綾部駅に着いて、電車の発車時間を確認したら、何と、次の発車時刻まで62分待ち!

もう笑うしかない。 ここまできたら、今日は綾部サイクルに合わせるしかないか。

そんな風に思えてきた。


時間つぶしに、駅近くの、アメリカン・テイストなカフェに入り、メニューを見ていたら、

店員が「今日は、ケーキ・セットがお薦めですよ。」と言ってくれたので素直に従う。


cake&coffee

甘過ぎず、美味しいレアチーズ・ケーキだった。


父上、母上、また会いに行きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード