FC2ブログ

命を感じた音楽

水曜日の夜は、2マンツアー中の、スペースバーとモノラルゾンビのLiveを

聴きにParker House Rollまで行って来た。


モノラルゾンビは、僕が帰郷後、大西英雄くんが、タナリュウ(棚田竜太)くん

と2人で、本腰入れて始めたベースとドラムのみの2人バンドだ。

既に、麻布のWild side Tokyoを本拠地として、大変盛り上がっており、

僕も聴くのをとても楽しみにしていたのだ。

演奏は、エッジの効いたソリッドな音と疾走感が素晴らしく、

たった2人なのに、不思議なくらい全然物足りなくない。

演奏後は、2人とも精も根も尽き果てて、倒れこむという振り切り感が素晴らしい。


スペースバーは、トランペットとテルミン担当の、旧知の辰巳くんを前面に押し出した

トリオバンド。

ベースは、渋さ知らずオーケストラの総裁、不破さんで、地を這うような大人の音、

素晴らしい世界を表現していた。


両バンド共に、全曲インストなのに、とても短く感じたし、僕は魂を揺さぶられた。

命懸けで、そのときそのときの音を刻む音楽家は、本当に美しいと思った。


終演後、タナリュウくんと、始めてゆっくり話し出したのだが、

音楽の話をし出すと2人とも止まらなくなり、気が付くと1時間以上話し込んでいた。

僕がBob Marleyの来日コンサートに行ったことを言うと、彼は非常に興奮して、

そのときの様子を細かく聞いていた目が、今でも忘れられない。

その流れで、レゲェのリズム・パターン、ワンドロップは何故生まれたのか?

というのを、それぞれが自分の仮説を言い合ったりして、非常に面白かった。

久しぶりに、バカが付くくらい、音楽にPureな奴と出会えて、僕はとても嬉しかった。

こういう男に会うと、一番大事なことを想い出させてくれて、初心に戻れるんだ。


@Parker House Roll
僕の帰り際、4人でパチリ。左から、大西英雄、辰巳”小五郎”光英、古田、タナリュー。
撮影は、この日素晴らしいドローイング照明を披露してくれた松井智恵美女史。


みなさん、ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード