FC2ブログ

貼らせて下さい。

自転車で30分くらいの、友人が経営する美容室に行く途中、

信号待ちをしていると、僕の目の前に、急に婦人警官が出現。

ん?どないしたんや?俺、何か問題を起こしたか?

と一瞬、自らの周辺を省みたが、婦警、間髪入れず、

「すみません、夜、走行するときの安全を考えて、夜光シールを

貼らせてもらえませんか?」と言ってきた。

「え?シール??別に良いですけど。。」と、半ば押され状態でいると、

婦警、横のビルの方を向いて、

「みんな、おいで~!良いんですって。貼らせてもらいましょう!」と言うと、

中から、小学生低学年くらいの子たち男女が、10人くらいぞろぞろと出て来た。

で、瞬く間に、僕が乗ったまんまの自転車を、ガキんちょどもが取り囲み、

シール片手に、どこに貼ろうかと、自転車を凝視、貼る箇所を物色しているではないか。

これ、何とも不思議なシチュエーション、妙な気分ですってば。


でも、怖そうなオッサンに見えたのか、僕の顔色を伺い、子たちが躊躇していると、

婦警さんが貼る箇所を誘導、「ここと、ここと、こ~こ、なんかどうかな?」と指差し。


この間、1~2分だっただろうか?結局貼り終えて、子たち、自転車から散らばり、

僕に向かって、婦警さんと一緒に 「ありがとうございました~。」

僕も何故か「あ、ありがとうございました。」でペダルを漕ぎ出した。


でも、あとで自転車を見たら、シールは2枚しか貼ってなかったんだよね。

2人以外の子たちは何やってたんだろう?  別にいいけど。



あ、その婦警さん、珍しく美人でした。   メガネ美人。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード