FC2ブログ

Live music は不滅。

先週木曜日になりますが、無事、都内Liveより京都に帰還しました。

3/24高円寺ジロキチ、翌日は久しぶりの西荻窪ClopClop、

どちらも皆さんのおかげで、熱い愉しいLiveを展開することが出来ました。

来て頂いた人たち、お店のスタッフ、そして、バンドのメンバー、

共演者方々、心から感謝します。ありがとうございました!

中には、両日とも足を運んでくれた人たちもいて、本当、感無量です。

皆さんからは、沢山の笑顔と勇気といただきました。最高!


ご存知のように、世間では今、新型コロナウィルスの不安が日ごとに

広がりつつあり、Live houseは、行ってはいけない密集空間として、

名指しでメディアにも挙げられ、公演中止するLiveが続出しています。

しかし、そこで働く人たち、それらを生業にして生活している人たちが

いることを忘れてはいけません。

僕の知りうる限り、ほとんどの店が、常から、ぎりぎりの状態で経営、

自転車操業を続けてきた店も珍しくありません。

Live Houseは、音楽を愛する経営者が、皆に良い音楽を届けたいと

いう想いで始めた店がほとんどです。

そしてそれは、年月をかけて地域に根付き、文化発祥、交流の場として、

必要不可欠な場所なのです。

どうか、国政からの何がしかの援助、補償があり、騒ぎが落ち着くまで、

延命出来ることを願うばかりです。


しかし、お客さんにもそれぞれの事情があること、行きたくても行けない

人たちがいることも、僕なりに充分承知しているつもりです。

抵抗力の弱い高齢者と暮らす人たちや、会社内での規則など、、。

今回、僕がLiveにお誘いした、毎回来ていただくお客さんから、


「昨今の状況で

昨日も仲間で話ししましたが

それぞれ会社で具体的に細かい取決めがあり

今回は行けない判断となりました。

折角の機会で申し訳ありませんが

次回また懲りずに連絡ください。

好転した折には必ず馳せ参じます。

頑張ってください!」


というメールをいただきました。

10年以上も前から、僕の音楽活動を応援してくれている方です。

僕は、わざわざこういったメールをしてもらったことに

感謝の気持ちと、必ずや次回、最高のLiveを聴いてもらおう!

という気持ちでいっぱいになりました。


未だ出口は見えない状況だけど、必ず収束するということを願い、

信じて、今出来ることを精一杯やりながら日々を過ごします。


あ、僕の、予定されているLiveは、中止の予定はありませんので。


先日の都内Liveの写真等は後日ということで。

一先ず今夜はおやすみなさい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FULTA

Author:FULTA
Rockn' Soul singer
FULTAが行く!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード